スポンサードリンク

2012年02月25日

一般意思2.0を読んで

『一般意思2.0』

著者:東浩紀




読書ブログと言いながら、最近、セミナーの感想ばかり書いてるな
ということに気付いた・・・。反省して今日は本の感想を書こう。

紹介するのはアウトプット勉強会の課題本『一般意思2.0』です。
今日、読書会なんだけどいけない・・・、残念。

副題っぽく、ルソー、フロイト、グーグルとある。
グーグルってあるのが、そんなに哲学が好きでない人にも気を引く
ところではないかと思う。

話の内容は単純明快で分かりやすい。
ルソーを、社会契約論を名前以上に知らない僕でも理解できるよう
書いてあります


大きな流れは、
かつてルソーが描いた理想の民主主義の主権である一般意思が、
今の情報技術によって具現化されようとしている

ということです。

本を読んだ僕は、完結に書けたと思っているのですが、初めて見る
人にはさっぱりわからないですね・・・。

それもそのはず、この本は、

@ルソーが描いた理想の民主主義って何?
A主権である一般意思って何?
Bそれをどうやって情報技術が具現化できるの?


というような内容を250ページかけて説明しているのですから・・

さて、1個ずつ説明

@ルソーが描いた理想の民主主義って何?
本書ではルソーのパーソナリティまで深く考察してます。
大変興味深い内容ではあったのですが割愛。

っで、分かりやすく今の政治との対比で書くと、
今は熟議民主主義、みんなで議論して正しい方向に向かいましょう
という民主主義です。


ルソーの描いた民主主義は、議論は一切しません。皆さんの意見を
機械的に合わせて正しい方向を決めます。


ちょっと乱暴すぎるが、コレだけだ。
その個人の意思の集合体を一般意思と呼んでいる。

但し、ルソーの生きた18世紀では個人の意思を足し合わせること
って難しかったんだろうなと想像する。


A主権である一般意思って何?
次に一般意思であるが、ルソー自身が『社会契約論』で語っている
のが「全体意思」と「一般意思」の違いである。
思わず一緒じゃーんと言いたくなる内容だが、ルソーが思い描く理想
を説明するためにあえて全体意思という言葉と対比させ、考察している
のだと思う。
恐らく、東さんの数学的解釈の話がなければ、理解に苦しんだところ
だと思う。

ルソー自身も数理的な表現で語っている。

全体意思は、特殊意思の「総和=合計」
一般意思は、全体意思を構成する特殊意思から、相殺しあうプラスと
マイナスを取り除いた差異の和


ということです。よく分かりません。っということで、後年の哲学者の
解釈も分かれるところらしいです。

このルソーの表現を、東さんは、一般意思はベクトル和だといいます。
そして全体意思はスカラーだと。

ルソーの言葉からすると少し飛躍する部分もあるかと思うが、ベクトル
として理解すると一般意思の意味が十分に理解でき、納得感がある。

東洋思想には中庸という言葉があるが、まさしくこのベクトル和の
が中庸なのではないかとも思う。

郵政民営化に賛成です。反対です。TPPに賛成です。反対です。と
言うような単純に分けられた議論ではなく、TPPの中の米の自由化に
だけは反対です。というように個々の意見というのは、多様な方向性
も持っている。


単純な賛成、反対で分けて全体意思を作るのではなく、多様な方向性を
持っているベクトルをそのまま、丸めることなく足し合わせて行くと
本当の意味での民衆全員の方向性というのが現れてきますよということ
です。


でも、こんなのどうやってまとめるんだよ!!ってことがあります。


Bそれをどうやって情報技術が具現化できるの?
そこで、ガンダムでいうところのニュータイプの存在が重要になって
きます。会話することなく理解しあえるみたいな・・・、っていうのは
冗談です。

すみません、話をもとに戻して、

そこで重要になるのが情報技術です。
検索システム、SNSなどのインターネットが重要な役割を果たします。
具体的な例では、ツイッター、グーグル、フェイスブック、YOUTUBEなど

一般意思をまとめるためには、まとめるシステムが必要になります。

ツイッターやグーグル、フェイスブックを代表とするネットに集まる
情報というのを形態素解析なんかの分析技術によってまとめるという
手法が、洗練されていくと一般意思をまとめるシステムになりうるん
じゃないかという話です。


例えば、グーグルの検索窓に言葉を入れると、それに付随して入力される
ことの多いキーワードが下に並びます。データ集積と分析のなせる業
です。

よく量より質といいますが、量が膨大になると質に変わってしまう好例
だと思います。(昔、棋士の羽生さんの著書に書いてありました。)

現段階では、詳細な政策策定にまで至ってないことは確かで、まだ夢の
途中であることには変わりありません。それにネットによくアクセスする
年代も限られています。
政策に使えるにはまだ時間がかかることは分かりますが、その可能性は
十分にあると思います。

東さんは、その途中段階の絵も紹介されています。つまり、
熟議の限界をデータベースの拡大により補い、データベースの専制を
熟議の論理により押さえ込む国家となるべきではないか

現在の熟議民主主義とルソーの民主主義のそれぞれの欠点を互いに補い
ながら政治を進めてはという提案です。


情報技術の政策への展開という具体的内容になると、これまでの深遠な
論旨がかすんでしまいそうになりますが、それを差し引いても楽しい
時間をくれた本でした。

本日の読書会ではどんな議論が巻き起こるのか、非常に楽しみです。
ってか、参加できないんだった・・・。まっ、いいか。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 15:36 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

続・インバスケット研修を実施して

続・インバスケット研修を実施して

もう一つ心に残った話についてお話します。それは、問題を解決するとはどういうことか?という話で、例に出されてたのが、飛行機の中で見た「発想の来た道」の話です。
先生が紹介されたのは、神子原という場所の高野誠鮮さんのお話です。

神子原は過疎地域、人口がどんどん減っています。それを改善するために、一人の公務員、高野さんに話がきます。月5万円で、人口減少を改善してくれといわれるのです。
年間60万円で何ができるのでしょう?CMするにも・・足りなさすぎる。素直にそう思いました。普通だったら引き受けないでしょう。

しかし、高野さんは引き受けるのです。そして見事に再生します。

高野さんは最初考えました。

どうして人口が減っているのか?

4割が65歳以上で、農業が主体の町です。
その年収はというと200万円〜300万円
まあ、皆が働きたくないのも無理もありません。

さらに、何故収入が200万〜300万円なのかと考えを深めます。JAが価格を決めているからだということに重い至ります。

お米は通常10kg 3000〜3500円くらいですが、ブランド米では、1kg800円で売っています。

ここに目を向けJA脱退と神子原米のブランド化を画策します。すごい反対も受けたらしいです。

ブランド化をどうやって達成したのか?その発想にも驚きです。アイドルに食べてもらえばいいんじゃないかと単純な発想ではなく、

ローマ法王に神子原米を食べてもらうことにしたのです。

そのときに添えた言葉は、

「あなたは、この神の子の草原でできた米を食べる確率は1%もないのでしょうか?」

という文言です。なかなか心理学的なもって行き方ですね。ニクイ!!

そして、なんと、食べてくれたのです。
「おいしい」とのコメントも

そして、神子原米はローマ法王がおいしいと言ったお米として、1俵16000円が、42000円となったのです。収入が何倍になったのかも簡単に想像ができませす。

それだけにとどまらず、お米を作った別の取り組みもされています。もったいぶらずにそのまま言うと、日本酒づくりです。ここでもニクイのがワインの酵母を使って日本酒を作っています。
その意図は、外人がおいしいと言った日本酒が売れないわけがない。ワイン酵母で作った外人好みの日本酒は、なんと900mlで33600円タイプミスではないですよ。

ネット販売も2時間で完売という状況らしいです。

発想ってすばらしいですね。

ここで、先生が言うのは、問題解決のプロセスです。
高野さんは、人口減少の課題は何かを掘り下げて、収入が低いから、JAに加入しているからというところに行き着きます。そしてブランド米にしたら単価が高くなるのではないかという仮説を立て、どうやったらブランド米になるのかという具体的な施策を考え、実行されています。

問題を解決するとはどういうことか?を分かりやすく説明するいい事例でした。

後、予防医学についても興味深い話をされてました。引き出しが多いですね。

長くなったのでこのくらいにしておきます。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 08:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

メンタルヘルス研究会に参加して2

メンタルヘルス研究会に参加して2

メンタルヘルス研究会2回目の参加です。
復職支援におけるキャリアの再構築について」というテーマで認知行動療法について学んできました。

先生は、関西福祉科学大学の本岡寛子先生です。

メンタルヘルスに関しては予防に徹しようと思っている中で、復職支援はあまり関係のないことかな?と思いつつも、問題解決の手法も学べますみたいなフレーズにひかれて参加しました。

感想としては、良かったです。
前回が、10名くらいで発言の機会がたくさんあったのが、今回は約20名いましたので、あまりしゃべれなかったのが残念といったくらいです。

今回は前回と変わって、大学院生の方が多かったような気がします。皆、専門家や専門家の卵と言った感じで、自己紹介の興味の中の言葉でわからない言葉が多かったです。

まあ、それはさておき、研修の内容は非常に分かりやすかったです。先生の柔らかいしゃべり方に加えて、実践と考察から得られた課題解決のプロセスに対する真実味もあり、聴き入ることができました。

認知行動療法とは、(分かりやすいように、ザックリいうと)(確立された)問題解決のプロセスに沿って、クライエントを支援し、導きながら問題の解決をはかっていく療法です。

その問題解決のプロセスには多種多様なものがあるとおっしゃられてましたが、一つは本研究会で紹介された次のようなプロセスがあります。

@問題の把握
A問題が解決された状態を考える
B具体的な方法を考える
C行動計画を立てる
D成果の振り返り


これらをワークシートを使って一緒に考えていきます。

ここでのポイントは、クライエント自身が、自身の言葉で書いていくということです。

どういうことかと言うと、大きくはAに影響するのですが、相談に来る人は、それぞれ異なる価値観を持っています。従って、問題が一緒(同じフレーズ)でも、問題が解決した理想的な状態というのは異なるのです。

例えばどんなことかというと
問題が、「仕事が終わるのが遅い」であった場合
解決された状態が、ある人は、「自分の時間がとれている
状態」であったり、ある人は、「家族との時間がとれている状態」であったり、異なってきます。

ここは、相談を受ける側が決めるものではないし、これを相談者に書いてもらうことで、より具体的に問題をつかむことができます。

よく課題とは、現実と理想とのギャップといいますが、その人にとっての理想を知らないと本当に問題を把握したことにはならないのです

研究会の中でもワークに取り組んで、その流れを体験しました。

まず、問題を書き出す。
それに対する理想的な状態を書き出す。
理想的な状態にするための解決策を書き出す。
といった感じです。ワークは時間の都合上ここまででしたが、おそらくその後、実際に取り組む項目を決めてやってみる。そしてやってどうだったかを振り返るということになります。

解決策って言うのは、難しくなくて全然かまわないと思います。それが、「今度映画を見る」とか「お風呂に30分つかる」とかでもいいのです。それによって、リラックスできたとか、簡単に振り返ります。また、実施が難しかったら、難しいとの振り返りもありで、簡単にできることを再設定していくという流れです。

復職支援を受けなければならない人というのは、そういう簡単なことも難しく感じるようになっているのだと思います。

最近興味のある、人の性格を変えるにはどうしたらよいのか?という質問もしたかったのですが、今回は、時間の都合でできませんでした。
しかし、講義の中でヒントのようなものがありました。

先生が治療を行う中でまとめられた冊子に、人の考え(気持ちの持ち方)が変わる瞬間とはどんな時か?というのをまとめたページがありました。それは次のようなものです。

@「どうして自分だけこんな問題が・・」
 「こんな問題が起きて、もうダメだ」
 →人生にとって問題が起こるのは当然のこと。
  特別な事ではない。と考え方が変わるとき

A「問題は”こわいもの”だから、早く解決してないと・・」
 →問題はこわいものでなく、挑戦やチャンス

B「自分にはどうすることもできない問題だ」
 →自分はこの問題をきっと解決することができる

C「すぐにとりかからないと大変なことになるだろう」
 →衝動的に行動せずに、ちょっと考えてから、できることからやってみよう

といった感じです。欲を言えば、どういう経緯でそのような心の変化が生じたのか?というのが知りたいところでした。

だんだん長くなってきましたが、興味深い話を後2つ

・問題把握のところで、問題をたくさん思いつくだけ、書き出してください、というワークで、心配性の人は、将来のこと(将来への不安)しか出てこないらしいです。興味深い

・もう一つ、過去の問題、現在の問題、未来の問題の3種類がある時に、現在の問題に取り組むのが最も心的負担が大きいが、逆に気持ちの安定化に最も良いのは現在の問題に取り組むことである。興味深い
関連して、過去の問題も未来の問題も現在の問題に置き換える事が重要とおっしゃられてました。
つまり、過去の失敗に「しまったなあ〜」と思い悩むのではなく、その過去の失敗は、現在にどんな影響を与えているのか?を考える。あるいは、将来こんな事が起こったらどうしよう?と思い悩むのではなく、現在何が足りてないから将来そうなりそうなのか?と考えるということが大事みたいです。

今までビジネス本をたくさん読んできて、その課題解決のスキル(課題の明確化、アイデア発想法、思考法など)が認知行動療法にも使われているという親和性を感じて、なんか、僕にもできるんじゃないかと思った。言い過ぎか・・・。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 02:43 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

インバスケット思考の研修会を実施して


先週の土曜日、インバスケット思考の研修会を行いました。

インバスケット研究所の鳥原先生を迎えての研修会でした。
先生とは、ネットで知り合って、それから何度か会話させて
頂いております。

インバスケット思考の本を読み、上司目線で物事を考える
トレーニングというのにすごく興味があり、一つは自分が
やってみたかったのと、この研修を皆に広めたいなと思った
のが開催のきっかけ
でした。

研修会での問題に関しては、研修に参加するメンバーの
職種、年齢構成がバラバラであることから、インバスケット
の入門編でいこうと思ってて、
鳥原先生のインバスケット思考第一弾のケーキ屋の店長の話に
決めました


著書は読んでたのですが、実際やってみるとなかなか文章が
書けなかったです。
本の選択式と実際の問題の記述式ではかなり違います

問題に関しては、『インバスケット思考』と同じなので本に
ゆずるとして、研修の説明で印象に残った点がいくつかあり
ますので、そちらを紹介します。

一つは、インバスケット思考というか、インバスケット状態
の説明です。

先生、3年前くらいまではダイエーに勤められていたのです。
そこでの入社1年目のご経験からインバスケット状態という
ものを上手く説明されていました

おそらく聞いてた参加者もグッと話しに引き込まれてたのでは
ないかと推察します。

入社1年目の経験というのは、阪神大震災の時の経験です。
大阪、堺のダイエーに勤められてた先生は、当時震災が
起こった直後に、とにかく会社に行かねばと思い、原付を
飛ばして会社に向かった
そうです。

会社に着くと来てるのは二人だけ、本社からは、震災の状況を
完全には把握できてなかったのでしょうが、10時までに開店
せよという命令
が下ります。

その時、来ていたもう一人の上司は、電話対応など忙しく、
お店の開店に向けた復帰は、すべて入社1年目の先生に任され
ます


パートの方たちは次々と出社してきますが、社員は先生1人で
パートさんからの質問が全て、社員の鳥原さんに向かいます。

鳥原さんは開店に向け、何をしなければならないかを考え、
入ったら危ない箇所を閉鎖するとりあえずレジ作業が行える
ように、電卓を用意する
など取り組み、なんとか、10時までに
開店にこぎつけたそうです。
その時の状態、たくさんのワークを短時間でこなさなければなら
ない状態をインバスケット状態と呼ぶそうです。
後から振り返ると、実は当時の時は必死だったのだけど、あまり
覚えていないらしいです。

先生は、こういう状況に置かれると人は成長する。火事場の馬鹿力
がでる
と言われています。

そのような状況を意図的に作り出すのがインバスケット問題という
ことです。

ただ、僕が解釈するに、恐らく入社1年目の社員が僕だったら
同じように開店できるだろうかと思うと、かなり不安です。
先生は、謙遜されるかもしれませんが、入社1年目当時から既に
何を考え、何をしなければいけないのかという思考が多少なり
とも身についてらっしゃったのだと感じます


この震災に対する対応が認められ、企画部門への異例の抜擢を
されることになって、ダイエーで成功されていきます。

こんな感じで引き込まれながら、インバスケット問題に移ります。

もう一つ、面白い話を聞かせてもらったので、それは次回紹介
します。





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 01:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

メンタルヘルス研修を主催して2

本題のメンタルヘルス研修の内容です。


職場のメンタルヘルスケアの考え方と実際
 〜セルフケアを中心として〜

最初に、メンタルヘルスの現状の説明がありました。
かつては、休職と言えばケガであったものが、最近は
休職と言えば、精神疾患と変わってきています。


うつ、うつ状態、自律神経失調症など名前は違えど
精神的な長期休養というのは増えています。

こんな中、欧米ではメンタルヘルス推進の取り組む意義
を次のように唱えています。
欧米での研究結果らしいですが、メンタル不調者を退職
させるのではなく、復職させる方がコスト的にもよい
ということです。
詳細までは説明されてませんでしたが、1人にかかる
教育費は高いんだよということを言われてました。

次ぎにストレスの感じ方について説明されてます。
ここで重要なのは、同じストレス要因があったとしても
各人の性格によって、ストレスの度合いは違ってくる

言うところです。

事実と解釈の話と似たようなもので、同じ事象が起こった
としても、その解釈の違いでストレスは大きく変わって
くる
と言うことです。

そこで注意しないといけないのが、この違いを軽く見て
次のようなアドバイスをしてはいけないということ
・趣味を持ったら?
  →俺は趣味ももてないようなダメなやつか?
・まあ、がんばろう!
  →俺はがんばっているのにこれ以上がんばるのか?
・ああ、俺もそういうことあったよ・・・
  →皆が乗り越えられることが俺にはできないんだ。


という風に、うつ病の人の見方というのは違うものだと
覚えておかなければなりません。


次ぎにストレスに対する対処法です。
趣味を持つとか、いろいろありますが、もっとも重要
なのが、「休養、休息」
だそうです。

何とかしなきゃという重いが体と心に無理をさせ、
つぶれてしまうのです。ある時は逃避も大事ということ

先生の経験では、
執筆の締め切りなんかの時は、「なかったことにしよう」
と思うと言われてました。そう思ってもなくなりはしない
のだけど、一時的にも心が落ち着くらしいです。

上述の、自身の対処法に加えて、同僚からの支援という
ことも重要だと言われています。この支援の仕方の所が
もっとも時間を割いて説明していただいたところです。

今の社会は、自立した個人として責任のある行動が求め
られます
。一方ではそうなのですが、先生は、自立とは
孤立でもある
と言われています。確かに自分で判断して
自分で責任をとるというのは孤独です。こればっかり
だと疲れてしまいます。
時には、依存することも大事です。
要は、自立と依存のバランスです。

依存の重要性がわかったことで、次ぎに我々が誰かを
サポートする時はどうすればいいのでしょうか?

相談を受ける時の態度です。

重要なのは、相談者の気持ちを聞くこと、オープン
クエスチョンで相談者が自由に自分の気持ちを話せる
ようにすることです。

たとえば、子供の教育の相談を受けたときも、
「子供さんはどう思われているのですか?」という
質問ではなく、
「あなたはどう思われますか?」と相談者の気持ちを
聞くことが重要です。

また、カール・ロジャーズさんの相談を受ける態度を
説明されてました。
@無条件の肯定的態度
A共感的理解
B純粋性(自己一致)

なんだか、こむづかしい感じですが、

要は、子供に接するようにすべてを受け入れ、共感し、
言ってることをコロコロ変えない
ということです。

言ってることをコロコロ変えないとは、ある時は親身に
相談にのり、ある時は、またかと冷たい態度をとると
いうような変えかたです。裏切られた感が強いので
最初から相談に乗らない方がましです。

なかなか、@〜Bを実践しきるのは難しいのですが、
なるべく相手の心に配慮した形で接しなければなりません

最後に、途中のグループワークであったリフレーミング
の話です。

依然メンタルヘルス研究会の時、先生に人の性格を変える
にはどうするのがいいのでしょうか?という質問をした
時に、リフレーミングという手法があると教わりました。
その時は、捉え方を変えるだけでは、性格が変わったこと
にはならないのではないかと思ってましたが、実際に
ワークをしてみると感じがつかめました。


どういうワークかというと、
@まず、自分の欠点を3つ紙に書きます。
A隣の人と交換し、欠点を別の見方で強みに変えます。
 ※たとえば、
   すぐに傷つき易い→ピュアな人
   大ざっぱな性格→おおらかな人
  という風に強みに変えてあげるのです。


まあ、この手法をどういうタイミングで使うのか?と
いう問題はさておいて、この取り組みを行うと
 ・違う見方に気づく可能性が出てくる
 ・支えてくれる人がいると認識できる

という効果が期待できます。

話を聞くのとやるのとでは違ってて、リフレーミング
に対する見方が変わったところがよかったです。

次は、6月くらいの講習会に向けて、どういう機会を
もうけるかを考えようと思います。

この記事のトップへ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 01:29 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

メンタルヘルス研修を主催して

メンタルヘルス研修を主催して

今年取り組んでいるメンタルヘルスの話です。
昨年の9月くらいからメンタルヘルスの勉強をし出して
本を読んだり、研究会に参加したりしています。

それで、今年の成果として、学んだ知識を踏まえ、6月
くらいにメンタルヘルス講習会を開催しようと思って
いました。

がっ、その前に丁度いい研修会がありましたので、そこに
メンタルヘルスをねじ込むことにしました。

とりあえず、メンタルヘルス研究会でお知り合いになった
人に声をかけました。

当日までに日もなかったので、最悪自分で講義をしようと
これまでに読んだ本、受けた研修から構想も練ってはいた
のですが、なんとか先生の都合がつきまして、ご講義
頂ける運びとなりました。

講演してくださった先生は、流通科学大学教授で臨床心理士
の岩崎先生でした。

題名は、

職場のメンタルヘルスケアの考え方と実際
  〜セルフケアを中心として〜


です。

6月に催そうと画策している講習会もそうだけど、やっぱり
メンタルヘルス、鬱病ってネガティブなイメージがあるし、
真面目な感じで講義を進めると皆寝るよな・・・、
人も集まらないかも・・・
、という感じを抱いていた。

僕みたいに、メンタルヘルスに興味がある人はいいのだけど
興味がない人も聞いてくれて、多少なりとも気づきが得られる
ような講演にするには、中身とスピーカーが重要
だと思ってて
中身については、『メンタルヘルス入門』に書いてあった
モチベーションアップで攻めるのがいいと思ってた。

つまり、鬱病から精神的に健康な人の分類って、モチベーション
が高いか低いかの違いと言い換えることもできる。
モチベーションアップで話が展開されれば、うつとは関係ないと
思っている人にも納得感があるんじゃないかな
ということ。

っで、セルフケアを中心においてもらった。
もっと時間があったら座禅とかやりたかったけど・・。

それからスピーカーとしては、興味のない人も引き込まれる
ような活力のあるスピーカーがいいと思ってた。

岩崎先生は、話も上手で、楽しそうに話す方で、研修を受けた
皆にも好評だったと思う。

いかん、講義の内容に触れる前に文字数が増えてしまった。
12時回ったし、講義の内容は明日以降にしよう・・・。

続きを読む


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 00:27 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

「イライラしてるな」と思ったとき読む本を読んで

『「イライラしてるな」と思ったとき読む本』

著者:中谷彰宏




最近「イライラしています」、色々と忙しく、睡眠時間が少ない
ことや、本を読む時間などの趣味の時間が取れないからです。
電車の中でも眠くて、なかなかページが進みません。
すぐに寝てしまいます。

そんなとき、久しぶりに本屋によって、見つけた本です。
心情にマッチングしてたので、すぐに手にとってレジに並びました。

中谷先生の本はサラッと読めるのがありがたいです。

直接的には、「イライラ」が解消されたわけではありませんが、
久しぶりに本を読んで、更に短時間で読了できたので、少しばかり
の達成感を得ることができ、よかったです・・・。

さて、本の中身ですが、メンタル力を高めるべきだという内容で
メンタル力の高い人は、「イライラ」しないとのことです。

メンタル力とはどんな力かというと、逃げたくなった時に逃げない
です。

目の前に起こっている現実と向き合う時に、してはいけないことは
逃げることです。あきらめること、断念することです
。と主張
されます。

昨日、メンタルヘルス研修を開催した時の講師の先生は、本当に
精神的に疲れた時は、逃げていいですと言ってました
が・・・。
ある意味どちらも正しい、状況によって取るべき手段は変わると
いうことです。
話が脱線したので元に戻します。

また、鳥の目、神様の目で天井から客観的に自分を見つめられる
のもメンタル力がある人と主張されます

確かに状況を冷静に見つめられていれば、イライラはしていません

最近は、なるべく怒らないように努めています。
その時に使う手法がこれです。なるべく客観的に見つめます。
あっ、今怒りが湧いてきている、今怒っても特に好転はしないぞ
怒った方がいいのか?、いやいや止めておこうなど自分の心を
観察し、さらに自分の心と対話します。
すると不思議と怒りがおさまったりします。おさまらないことも
ありますが・・。


そのほか、いろいろなメンタル力を説明されています。

また、部分的に反論したくなった箇所を紹介します。

「下がったテンションは、背中に出る」の項目で、TV番組の
収録の時、面白くない人、売れない人は、後半になるほど
テンションが下がっていきます。と主張し、鶴瓶さんは、
テンションを長時間キープできて、後姿が少ないということでした

特に大々的に反論したいわけじゃありませんが、高田純次さんは
最初はテンション高くて、後半に行くほど眠ったりしています。
でも、面白いです。それだけです・・。


また、これは役立つなと思ったのが、

★普段の練習で、全ての状況を一度間違えておくこと
ここではプレゼンの例が挙げられてますが、自分の経験でも
何回か遭遇しています。練習を積んで何回も間違えたところは
本番では間違えない。しかし、練習で間違ったところ以外で
本番の時間違えてしまうと、アレッ!?と動揺して、その後
グダグダになる
ことがあります。
全ての箇所を意識的に間違うようにするといいのだろうと思います

★待ち合わせに遅れた時は言い訳を考えず、相手のことを考える。
待ち合わせに遅れた時に、〇〇が××でなどと言い訳して、自分を
正当化しようとせずに、それよりは「寒かったでしょう。予定を
変更して、暖かいモノを食べようか」と相手のことを気づかい、
先の方向を考えることが大切
です。
これは、なかなか使えそうです。

自分が言われてもこっちの方が嬉しいと思います。

久しぶりにブログも書いてしまいました。さて、そろそろ寝ると
するか!!


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 00:27 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

道は開けるを読んで2

『道は開ける』

著者:デール・カーネギー




悩みを解決するための本です。

今回はPART4-7を紹介したいと思います。PART8は事例集なので
本書をお読みください。

PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法
PART5 悩みを完全に克服する方法
PART6 批判を気にしない方法
PART7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法


PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法

平和、幸福になるためには、どういう考え方や態度を身につければ
いいのかが書いてあり
ます。

@悩むと考えるの違いを認識する
 ※これは前回紹介した魔術的公式や悩みの分析が効果的
A悩みの原因は自分自身の考え方にあると認識する
 ※悩みは事実の解釈の仕方によって変わる
B行動と感情は同時であると認識する
 ※いつも楽しそうに振舞えば楽しくなる
C返礼を期待せずに愛情を振りまき始める
D毎朝、自分の恵まれた点を数え上げる
E長所に焦点を当てる
 ※自分らしさを発見しようとし長所を考察する
Fどうしたら他人を喜ばすことができるかを考える

こんな考え方や態度を身につければ確かに好転していきそうです


PART5 悩みを完全に克服する方法

このパートの主題は祈りです。神とか宗教の話が出てきますので
もしかしたらアレルギー反応を示す人もいるかもしれませんが、
重要なのは、「心の拠り所を持つ」ということです。

祈りを通じて、心の拠り所に触れることで、落ち着くことができ
冷静な判断力も回復
する。

祈りは実用的なものとして3つの効用を上げてます。
@祈ることで何が悩みなのかを言葉で正確に表現する助けになる
A祈ることで誰かと重荷を分担しているような感じになれる
B行為という積極的な原理を強制する

このパートを読むとなるほど宗教も悪くないかもと思えてきます
し、特に悩みを完全に克服・・のパートで祈りが出てくるのにも
興味を持ちました。完全に克服するには祈りなのか!?


PART6 批判を気にしない方法

他者が非難をする理由は優越感を味わうためだそうです。その
非難に対してどう対処したらいいのかというのがこのパートで
対処というよりも表題どおり気にしないというのが正解のよう
です。

批判を気にしない方法は次の3つです。
@一般の人々は他人のことなど気にかけていない
 ※こんなことをして皆はどういう風に思っているのだろうと
  悩む必要はありません。思うほど他人は自分に関心をもって
  いない。人間というのは四六時中自分のことを考えている
A他人からの批判は免れ得ないが傷つくかどうかは自分次第
 ※どうせなら自分が思うことをしましょう
B悪口を言われても自己弁護をしない
 ※自己弁護は愚者のすること

気にしないのがいいのでしょうが、但し敵の意見は自分自身の
意見よりも真実に近い
とも触れられています。
反省すべき点は反省しましょう


PART7 疲労と悩みを予防し、心身を充実させる方法

大体、内容はかぶってる気がするが、ここでは仕事に焦点を
当て、悩みを軽減する方法がいくつか紹介されています。

@誰か信頼できる人に悩みを打明ける
 ※わずかな忠告と同情で元気をいただけます。
A今すぐ必要としないものを全部片づける
 ※これは仕事机の例です。いろんなものが目に付くと課題が
  山のようにあると錯覚する
B決断を延期しない
 ※問題に直面し、決断に必要な事実を握っているのなら即刻
  決断しましょう。
C興味深いことをする
 ※人間は心弾ませ興味あることをしているとめったに疲れない。
  疲労は仕事ではなく、悩みからくる
D楽しんでいる振りをする
 ※楽しんでいる振りをすると実際にある程度仕事は楽しくなる

以上が道は開けるの後半部分です。
できてないことが多いですね。特に批判を気にしない方法

また、この道は開けるには、最近気になっている人が変わる瞬間
が、事例の中に多数載っています。今度はそれをまとめてみよう
と思います。

この記事のトップへ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 12:28 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。