スポンサードリンク

2012年12月30日

ヒーローを待っていても世界は変わらないを読んで

『ヒーローを待っていても世界は変わらない』

著者:湯浅誠




民主主義を考える本です。

題名が著者の考えを表しています。
要点だけ言うと、橋下さんみたいなヒーローを待っていてもダメだ。一人ひとりが、自分の頭で考え、やれることをやっていこう!そうじゃないと民主主義なんて制度はなりたたない。こんな感じです。

最初の方は、民主主義について、著者が外から内から政治を経験し、理解してきたことを丁寧にん説明されています。すなわち、民主主義というものは、非常に面倒くさく疲れるシステムであるということ。僕も最近思うけど、人間て、生きてきた環境ですごく意見って異なるんだ。ちょっと前までは、メリットデメリット法とかで、ある課題に対する利点と欠点を見える化しながら意見を出し合えば、当然一つの結論に達するはずだ!なんて思ってたけど、どうもそうはならないみたいだ。もちろん、メリット・デメリット法で見える化するのは、お互いの理解を深めるのに非常に効果的な面もあります。

討論形式の番組によく呼ばれる著者も下記のように説明している。
 私の反対側には、私と相容れない意見を持っている方が座ります。その方たちは極めて真剣に、私と真っ向対立する意見を述べてこられる。反論を試みつつも、私は何度も「この人は人生何十年を生きてきて、その実感からこうした意見に達している」という重みと、その意見の堅さを感じてきました。
 私にも、生活に苦しんできた人たちとずっと接してくる中で形成された譲れない意見があるが、この人にも譲れない意見があり、世の中とはこうした相互に対立する意見を持つ人たちで構成されていると、しみじみと実感しました。


こういう譲れない意見を持った人たちがいる中で、民主主義というシステムは非常に調整に苦労する面倒なシステムになっています。

著者は、まず何よりも、民主主義というのは恐ろしく面倒くさくて、うんざりするシステムだということを、みんなが認識する必要があると思います。「民主主義がすばらしい」なんて、とてもじゃないが、軽々しくは言えません。とまで言われています。

著者は、ヒーローを待って、ヒーローに頼るのではなく、自分たち一人一人が、考える、決める人になって実行しようといいます。橋下さんのように実行力のある人に頼るだけでは、実際に描いた未来とは異なる方向に行く可能性もありますよとおっしゃられています。

実際問題としては、仕事や介護でいっぱいいっぱいという人は考える暇がない。じっくり考える時間を必要とする民主主義において、恐らく大半の人が、考える余裕がないのです。これも民主主義の課題です。

そんな中でも、我々がどうやって行けばいいのかを具体的な事例として挙げられています。


介護システムや保育システムが充実しないと何もできないと言わずに
共同保育のサークルを作ったらどうでしょう?
・生活上どんな困り事があるかを聞く集いを開くのもいい。
 etc
などなど、身近な問題から取り組むことが重要なのだと主張されています。

最後は、こんな言葉で締められています。
ヒーローを待っていても、世界は変わらない。誰かを悪者に仕立て上げるだけでは、世界は良くならない。ヒーローは私たち。なぜなら私たちが主権者だから。私たちにできることはたくさんあります。それをやりましょう。その積み重ねだけが、社会を豊かにします。

言ってることを実際に行動に移して来られた人の言葉だから重みがありますし、実際この複雑化した社会の中で、一人ひとりが少しずつ課題を解決していくというのが正しい解決策のような気がします。ボタン一つで問題解決みたいな解決策はないのでしょう。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 15:40 | 京都 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

ニートの歩き方を読んで

『ニートの歩き方』

著者:pha



労働問題や働き方などに興味を持っているとニートは気になる話題の一つである。

全体の感想は、「ニートが生き易い環境になってきたな」、ポイントは著者が言うようにインターネットの発達です。

さて、この著者自身は、最近リア充になりそうな、ニートのphaさんです。人と接するのが苦手な著者は、高校時代も友達がいなくて、暇つぶしにゲーム感覚で勉強してたら、偏差値が上がったので、京都大学に入学した。特に何がやりたいということもなかったので、学部は総合人間学部。働きたくなかったので、2年休学して、6年で大学を卒業し、社交性も、労働意欲も技術もないけど、ダメもとで就職活動して、なんとかある会社に潜り込んだそう。計画通り職場はかなり暇で、1日2〜3時間すれば仕事は片づき、仕事が暇なのがバレると仕事を増やされると思ったので、隠れてひたすら、スパイダソリティアというトランプゲームをやっていたそうだ。1日2〜3時間と楽な職場ではあったが、仕事に意欲がもてず、拘束される、人と話すのが苦痛でずっと辞めたかったらしい、ツイッターとプログラミングに出会うことで、自分の中で会社を辞めれる条件と提示していた@人とのつながり、A暇つぶしにできること、B最低限のお金が手に入りそうだとわかり、晴れてニートになれたということです。

著者がニートになるまではだいたいこんな感じで、ここから自分のニートとしての過ごし方や、ニートとして役立つ情報をたくさん紹介されています。

ちょこっとだけ、紹介

著者は、都会で無料で時間を潰せる代表格は、公園、図書館、ブックオフだと言われています。確かに、僕もニートになったらこれで結構楽しめそうな気がします・・・。

ネットならどんなマニアックな趣味でもマイナーな思想でも同じような感覚を持った人が必ず見つかる。リアルで周りに話し合う人がいない場合は、ツイッターやブログでマニアックな話、偏った考え、特殊な趣味を吐き散らそう。

シェアハウスの話も出てくる。シェアハウスは、一軒の言えに何人かが共同ですんで、リビング、台所、風呂、トイレなどは共同で使うという形、住む部屋は個室の場合もあるし、一つの部屋に二段ベッドがおいてあって何人かが相部屋になるドミトリーと呼ばれる形態もある。

著者は、パソコンとかインターネットが好きな人が集まってもくもくとネットをやるというギークハウスというシェアハウスを作っている。この形態も興味深い話だ。かつて大家族で住んでいたが、それが核家族になり、血族ではない人たちが集まって集団で住むようになる。時代の変遷の一部なのだろうかと思う。

著者の思想の節々に感銘を受ける

僕は特定の個人の能力や熱意によって実現されるものよりも、凡庸な人間でもやる気のない人間でも、その中に入ればそこそこ面白く楽しくなれるような仕組みに興味がある。(p.120)

ニートにも向上心は必要

日本の生活は確かに便利で快適だけど、その便利さは労働に対する同調圧力や責任感で支えられていて、そのせいで多くの人が心を病んだり自殺したりしているのなら別にそこまでの便利さは要らないと思う。もっと仕事が適当な人間が多い社会のほうが社会全体の幸福度を上がるんじゃないだろうか。(p.235)

世の中実用的なものばっかりだと息が詰まるし、無駄に見えるようなものがたくさんあるからこそ、社会に余裕ができたり、世界の多様性が保たれたり、混沌の中から今までにないような新しいものが生まれたりするのだ。(P.241)


最後の壮大なニート養護、必要論はスゴい。パレートの法則や個と全体の生物学や自我の起源などいろんな論を活用して、ニートが今ここにいることを肯定している。著者の知識はすばらしいと感じます。

僕の知らない世界がいっぱいでなかなか興味深い本でした。

著者自身は、世界一のニートを目指すとブログで言い放ってやってきたけど、最近は、テレビの取材や、シェアハウス立ち上げの相談、この本の執筆などだんだん忙しくなってきてるとのことで、ちょっと今の状況から逃げ出したくなっているご様子です・・・。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 06:22 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

面白法人カヤック代表の柳澤さんの講演を聴いて

遡ること3週間前くらいに講演聞きました。
試験前最後の余暇活動といったところでしょうか?

以前、アイデア発想の本も書かれてて、面白そうな会社だなと思ってましたが、実際に話を聞いて、愚直に面白いことを追求しているのだなと感じました。

カヤックを作る課程も面白かったです。ポイントだけ言うと、大学在学中に友人三人と、卒業後それぞれ別の道をあるいて2年後に戻ってなにかしたら面白いんじゃないかということで、2年後集まって会社を始められたそうです。一人はサラリーマンとして、一人はアメリカ放浪、一人は大学で研究それぞれ独自の経験をして集まったみたいです。

カヤックがどんな会社かを紹介するカヤックスタイルというのが7つ紹介されました。

@何をするかより誰とするか
A鎌倉本社と旅する支社
Bサイコロ給とスマイル給
Cそれって漫画っぽい?
D量が質を生む
Eブレスト
Fありがとう


このうち、Bのサイコロ給とCの漫画とEのブレストに関しては以前読んだ著書にも書いてあったと記憶してました。

@の何をするかより誰とするか?は、ビジョナリーカンパニーでも取り上げられていた「誰バス」みたいな話だったが、実際、本当にこれを重視して実践している人は少ないという感想を言われてました。読んだ知識を実践するっていうのは重要なんだろうなと反省した次第です。

Aの鎌倉本社と旅する支社は、パソコンさえあればどこでも仕事ができるよということを実践しようと、好きな鎌倉に本社を置き、ハワイ、イタリア、ベトナムに支社を作ったそうです。ただ、観光地のハワイは本当に仕事しなくなるということで止め、ベトナムは行きたい人がいないということでやめたそうです。イタリアはデザイナーにはいいかなと言う感想でした。本当に支社作っちゃうところがすごいです。

全部説明していると膨大な量になるのでこの辺りでやめて、別の話題に移ります。

このカヤックスタイルの説明の後、実際にどんなことをやってきたのかが、また面白かった。

ちゃんとした取り組み(一般の人からみて)もあるのだが、ちゃんとしてない取り組みもある。だから面白い。

■貧乏ゆすりプロダクト「ユスリート」
貧乏ゆすりとアスリートをかけた商品だが、実際は貧乏ゆすりを計測する万歩計だ。クリエイティブな発想と貧乏ゆすりが関係していて、貧乏ゆすりをすることで、クリエイティブな発想を引きだそうという、ちょっぴりジョークチックでまじめな玩具です。最初12800円で3000個作って売り出したが100個しか売れなかったらしい。在庫が余りすぎて場所代が大変ということで、980円で売り出すと3000個即売したらしい。玩具は売れないものは、いくら値段を安くしても売れないものらしく、玩具業界の人からは、結構目があるんじゃないかとほめられたらしい・・。

■うんこ演算
算数もうんこみたいな面白さ?を取り入れたら楽しく学べるのではという発想だったが、アップルのiphoneアプリでは、検閲に引っかかって売り出せなかったらしい。しかしアンドロイドは基本無法地帯なので通って結構ヒットしたらしい。

■変人採用
面白い会社を目指すカヤックは、変人を採用してより面白い発想を得ようと思ったようです。変人は自分を変人と思っていないから、自薦ではなく、完全他薦で実施したらしいが、実際にやってみると、本当のダメ人間しか集まらず、1人も採用できなかったらしい・・・。

でも、こんな面白いことを実際にやってみる会社って魅力的です。

このあたりまでの話で、講演の大半を使い果たし、マネジメントや人事の話がほとんどできないくらいになってました。パッパッパととばしながら話されたので早かった・・・。

事業マネジメントに関しては、ITを駆使して、リアルタイムでフィードバックし、事業の撤退判断をされたりしてました。ソーシャルゲームなんかは、リアルタイムでダイレクトに顧客の数などが出るためできる技なのだろうといった感想です。

その後、質問タイムでもいろんな質問がでました。
印象に残ったのは、「社員の方とどうやって接していますか?」という問いに対する答え。

社員の方には、自由になってもらいたい、独立してもらいたいちう主旨を持って、その人が成長できるように、なるべく正直に言うことを心がけているとのことでした。オープンで何でも今考えていること、例えば事業の方針なんかでもちゃんと説明して、言えないことはごめん言えないと素直に謝るそうです。なんか、分かりやすくて疑念が生まれにくい、明るい会社風景が思い浮かぶようでした。

なんとなくですが、こんな会社はどんどん発展していくんだろうな、ってか、発展していって欲しいなと思いました。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 06:10 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

絶対絶命な彼らの華麗なる決断を読んで

『絶対絶命な彼らの華麗なる決断』

著者:鳥原隆志




いつも楽しいインバスケット思考の本ですが、今回は少しビジネスシーンからは外れた、余暇活動でのインバスケット思考です。

インバスケット思考は判断力を養うものですが、判断は何も仕事の中だけで行っている訳ではない。人は仕事以外でもいくつもの役割を持っている。父として夫として、地域活動、あるいは趣味の仲間の活動で、それぞれ役割も持っています。

そんな時の判断にもインバスケット思考を活用しましょうという内容です。

小説としても読めるくらい構成やキャラクターがしっかりしているので、インバスケット思考を勉強しているということを感じさせないくらい自然に勉強ができると思います。

舞台は、インバスケット思考の第一弾のケーキ屋たま周辺です。登場人物も同じ人が出てきて入りやすかったです。※第一弾を読んでいない人でもわかる内容になっています。

ケーキ屋で働く、柴田奈々と仲あゆみの二人が主人公で、二人含めた軽音楽バンド「ミラクル」のコンサートに関して発生する問題がインバスケットを学ぶ材料となっています。

コンサート会場の予約、ディナーの食事、メンバーの仲間割れなど分かりやすい題材で、インバスケットの神髄が分かるようになっております。

読後の感想としては、今までのインバスケットの本の中で最も内容が面白かった気がします。インバスケットというよりも小説として楽しんでました。主人公二人は、おっちょこちょいの奈々、決断恐怖症のあゆみですが、この二人がインバスケット思考を学ぶ課程で成長していきます。二人の成長を追うことで、インバスケットの要点が、自然と入ってくる感じです。

ビジネス本ですから、小説として楽しむだけでなく、思考法もぜひ学んどきたいですね。いや、主はインバスケット思考を学ぶことでした。

ビジネススキルを上げたい人はぜひ読んでみましょう。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 06:07 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 思考法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

1歩を踏み出す50の言葉を読んで

『1歩を踏み出す50の言葉』

著者:吉岡秀人




久しぶりのブログ更新だ!!

ここ2週間ほど試験勉強にほぼすべての余暇時間を割いて、全く本を読んでなかった。最初の方は試験勉強よりも本が読みたいよーと思ってたが、試験勉強が軌道に乗ってくると意外と楽しくて、不思議と本読みたいとは思わなくなったな。

ということで、やっと昨日試験が終わったので、今日から読書解禁です。1冊目の本書は、チャレンジ意欲がわく本です。
私は最近、意外とチャレンジ意欲がある方だと思うのですが、本書の著者ほどではないですね・・・。

本書を、すごく簡単にまとめると表題の通り、1歩を踏み出しましょう!と、その大切さを教えてくれる本ということになります。
きっちりと、その主旨からはずれた話もなく、ずっと背中を押し続けてくれます。

内容は、なるほど、そうか、そうなってたのか!という発見があるわけではありませんが、そうだよな、そうなんだよ、でもなかなかできないんだよ、やらなきゃな!という風に、分かっているけど普段蓋をしてしまっていることを思い出させてくれる本です。

分かってはいるけど、やれてないことを、やろうよと思い起こさせる、その言葉は結構かっこいい。

例えば、

人が後悔するとはどんなことか。
それは、失敗したことではなく、チャレンジしなかったこと、やり残したことだ。(P27)


やりながら自分の経験を積み重ねていって、だんだん選ぶものの精度が上がってくる。
もちろん本気で取り組めばの話だ。(P31)


「失敗したらどうしよう」じゃなくて
「成功したらどうしよう」(P114)


僕も、本書の著者ほど、行動的ではないが、やっぱりチャレンジはすべきだと思う。やれるなら、絶対チャレンジした方がいいと思う。そのやれるならの障壁となるのは、自分の心理だけ、やってできないのは能力の問題だけど、やるかやらないかは自分の意志の問題だからね。

行動を起こすのは、理性ではなく感性だという話が途中に出てくるが、面白そうやってみようと思ったら、すぐに行動することが重要だとある。僕の経験からも、やった方がいいのか、どうかなんて考え出したら、やるのが遅くなるというか、結構やらないことが多い。

思い立ったが吉日ですね。僕はなるべく、思い立ったら、関連本買うとか、みんなに言うとか、関係のところに電話かけるとか、きっかけを作っとくようにしてる。思い立った思いは、ほっておくとすぐに消えていくから

本書で、一番心に残ったのは、

若いときにやっておくべき苦労を、本人はしてこなかった。
だから、どんなにつらくてもやるしかない。
若いときほど、力は付かないかもしれない。
でもそれ以外に、道は残されてないのだ。(P154)


数年前に、友達との会話で、「僕は若いとき、大した努力してこなかったから、今は皆の2倍努力しなくちゃいけないんだ。」と言った言葉を思い出した。

やっぱりそうなんだよな。遅くてもがんばるしかないよね。
なんだか、がんばれって、言ってくれているような気がした。

この本は、20代の人向けに書かれた本だけど、結構誰が読んでも、がんばろうと、失敗を恐れずにやろう!と思わせてくれる本だと思う。

失敗を恐れて、行動を起こすのが苦手な人は、ぜひ本書を読んでみましょう。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 22:51 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。