スポンサードリンク

2013年02月25日

「中卒」でもわかる科学入門を読んで

「中卒」でもわかる科学入門

著者:小飼弾




小飼さんの科学に関する本です。共感するところが多く楽しく読めました。

この本には次のようなことが書いてあります。
・科学を難しいものとして敬遠せずに向き合いましょう。
・現在はエネルギー関連の開発を進めましょう。
・研究姿勢は趣味で科学するといった感じで、失敗しても皆責めない。


科学は一見すると難しいです。嫌実際難しいんだけど、著者は大まかに分かる、ポイントを押さえて科学者と議論するくらいはできると主張されます。

科学者の言うことを理解するための3種の神器は次の3つです。
@四則演算ができる
A単位系が揃っているか判別できる。
B論理的思考ができる。

これくらいだと意外と簡単だなと思えてきます。
四則演算はほとんどの人ができるでしょう。
単位系も少しなれればなんとかなるでしょう。
論理的思考もゆっくり落ち着いて順序立てて考えればなんとかなるでしょう。

本書には素人が専門家の出す数値を検証する方法を具体的に示されています。勉強になるねえ。

今取り組むべき開発はエネルギー関連だと言われています。宇宙開発など魅力的な研究もありますが、とりあえずパケ放題ならぬエネ放題になるくらいまではエネルギーに絞って開発した方がいいよということです。

科学に取り組む姿勢ですが、趣味でやった方がいいとのことです。

過去の偉人たちの業績を紹介した後で、次のように続けます。「先人たちは世界観を変えようとしたのではありませんし、偉大な技術や理論が同時代の人にまったく理解されなかったことも珍しくありません。一方、役に立つことを目指したトップダウンの科学プロジェクトから世界を変える発見が得られることは滅多にないといってもよいでしょう。」

趣味でやってるからこそ、柔軟な発想もでてくるのかなあ。


それから失敗しても皆責めいないようにしましょうという主張もあります。

161ページのコラムの主張に納得です。
「研究とは、誰もまだやっていないことを見つけるための取り組みです。どうやったらゴールにだどり着けるのか、どれくらいのコストがかかるのか、いつまでにできるのか、本当のところは研究者本人にも算出することが不可能です。完全な見積もりを立てることができる研究は、何をどうすればできるのかが100%わかっているはけで、そもそも研究する必要がないということになります。」

さらに、アメリカとの違いで日本は失敗者に厳しい国だと主張されます。計画を承認した政治家、予算を付けた官僚、開発に関わったエンジニアなどに対し、血税を投入した以上、絶対に失敗は許さないぞという雰囲気があるということです。そして関係者は「これは失敗ではありません」という方向に必死で持って行こうとする。本来は、失敗は失敗と認め、失敗を検証し再発防止などの将来の糧とすべきです。この部分が責任追及型の日本では行い難い状態にあります。

こんな、責任追及的な土壌のある日本において、うまくいくか分からない科学の研究を推進するのは非常に辛い仕事になってしまいます。やっぱりアメリカみたいにどんな功績を挙げたかに劣らぬほど、どんな難題に挑戦したかを評価する姿勢こそが重要だと思います。

いろいろと難しい状況ではありますが、可能な限り可能性を明示し、リスクを背負い込んでも、なお明るく楽しく開発やって行きたいところです。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:08 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

新しい市場のつくりかた

新しい市場のつくりかた

著者:三宅秀道




関西アウトプット勉強会の課題本です。
どうやら名古屋では著者の三宅さんの参加が決まったそうです・・・。
京都にも来てくれたらなあと思うところです。

さて、内容ですが、新しい市場とはどうやってつくったらいいのという問いに新しい洞察を用意されています。

昨今、新しい市場が生まれるそのもとは技術ではないという話はよく聞きます。新技術を開発するのではなく、既存の技術の新しい使い方や既存の技術の組み合わせだというものです。その代表例としてアップルのiphoneなどが挙げられるます。

そしてこの本は、その考えを否定するものではなく、そこに新しい洞察を加えています。

それは技術開発ではなく、文化開発をしようです。
前提として、一つの問題提起をします。

それは行動マーケティングに対してです。行動マーケティングとは、ある商品を使用するユーザの行動をつぶさに観察し、その使い方から不便に感じられるところ、新しい使い方を発見するというものです。その新たな発見を次の商品開発につなげていこうというものですが、行動マーケティングで見ているユーザは、既存の習慣からできあがった文化の中で生活する人であり、既存の枠組みの問題にしか気づいていない人だということです。これでは新しい問題発見につながりにくいのではと指摘します。

著者のいう新しい市場とは、誰かの先見性、あるいは偶発的に発生した商品によって発生する新たな機会にふれることでユーザ自信が気づき広がっていくものであると主張されます。

従って、新市場開拓での技術開発とは、ユーザ自身の変化であり、文化の開発でもあるのです。

この様に、商品開発と文化開発は相互依存の関係にあり、文化が変わることによって、求められる商品が変わることもあるし、商品がかわることによって、人の生き方が変わり文化が変わることもあります。

従って、新コンセプトの商品を作りユーザに試してもらうことで、ユーザの問題意識が発見でき、またユーザはその商品にまつわる新たな課題や使い方を見つけてメーカを磨いてくれる。この文化開発の正のスパイラルが新市場開拓の商品開発の理想のあり方ではないかということです。

また、技術と用途の二次元的な広がりを見せる新市場開発に、文化という第三の軸を加えることで、新市場は多様な広がりを見せるのだと思われます。

こんな文化さえ変える力をもった新商品開発を行うにはどうしたらいいのかという問いにも迫っています。

文化を変えるような商品開発はある意味偶然なのだとする一方で、その偶然を積極的に発生させる方法はないかと探っていきます。

数ある企業を見てきた経験から、新しい問題を設定し、開発を進めていく人には、同様の性質があると言われます。
そのいくつかを紹介すると

・全身をハリネズミのようにいつもアンテナを張り巡らせて、何か社会で新しい商品が受け入れられる可能性はないかと探っている。

・ユニークな問題の開発に成功する人は、例外なく気配りが行き届いて、優しい人柄の人ばかり

・社交性を広げて、いろいろな人の問題のきっかけの情報をいつも心に筆禍留様な態度でいる。

つまりは、セレンディピティのように、欲し、求めるものの所にアイデア(新しい市場)は降りてくるのではないかと思います。

文化開発と商品開発の相互依存の関係という視点は新しく、共感できるないようでした。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:32 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

できる人の仕事のしかたを読んで

できる人の仕事のしかたーThe rules of WORKー

著者:リチャード・テンプラー




最近もう一個資格取っとこうと思うものがあって、ブログ更新5件/月がいっぱいいっぱいですが、昔一月5件は書くぞ!と志を立てたので、なんとか今月もがんばろう。

さて、できる人の仕事の仕方は翻訳本です。イギリスの人が書いた本ですが、できる人というよりは、昇進して偉くなるにはルールがあるということで、108のルールを説明されています。ちょっと多い感じがするのですが・・・。

著者はこの本をまとめるにあたり次の新鮮な発見をされたとのことです。「仕事というのは、経験があり、実務能力が高いだけでは十分ではない。」

ルールには当たり前ということもたくさんあります。当たり前だけど実践できてないこともあります。ただ、この本のポイントは、昇進や上へ上がっていく人は、仕事ができるだけではないということで、そのあたりのルールがメインだと思います。最初はイギリスのジェントルマンとはこんな感じかと思ってたが、最終的にはちょっと違うかなと思うに至った。

どんな感じかというとP165の「あなたが目指すのは、羊の皮をかぶった狼だ。」という所に代表されるように、ある意味、狡猾さを持つ必要があるということです。本書は誠実さを進めます、しかし、一方で狡猾さも持たねばならないと言います。

そんな狡猾さを伺わせるルールが、次のようなところです。
・他人のミスから学ぶ(ルール8)・・・自分の失敗だけでなく、他人の失敗からも学べば多くのことが学べる、ただし他人のミスを寝掘り葉掘り聞いて嬉しくなる人はいない。目立たないように同僚のミスの原因を突き止める最前の方法は、困っている同僚を助けることだ。

・誰が重要人物か見分ける(ルール93)
・重要人物を味方につける(ルール94)
重要人物を見つけたら、味方につける必要がある。著者は自分から偶然を引き起こし、重要人物の仲間になるように心がけていると言われる。

・隠された意図を探る(ルール96)
たとえば、何らかの指示を受けた場合、それを額面通りに受け取らず、裏に隠された意図は何かを考えるようにする。
物事を見る観点としては、
 なぜこれが起こっているのか?
 得をするのは誰か?
 どのような得になるのか?
 私の特になる可能性はあるか?
 裏側で、なにが起こっている可能性があるか?
 見落としていることはないか?
などを考えるようにする。

・ライバルを見つける(ルール99)
ここには、昇進候補が数人いるときに、・・・他の候補者を吟味して、できることなら彼らには消えてもらわなければならない。・・・とまでかかれている。

若干、僕の趣味には合わないが、やってる人はやってるのだろうか?確かに、いたずらに自分の評判を落とすことは避けたいと思うので、ある程度は自分を律しながら話す、行動するということはやっていかないとなと戒められた。

ほかに興味深かったのは、仕事ができる人のイメージである。
数年前に、とある決意表明の場があり、魅力ある人材になるということを言ったことがあるが、ここにもいろいろと書かれてあった。

スタイルのある人とは、趣味がよく、きちんとしていて、マナーがよく、洗練されていて、エレガントで、教養があり、無駄がなく、見る目がある。(P56)
魅力的な人というのは、・・身だしなみに気をつかい、笑顔に磨きをかけ、いつ見てもクールで決まっている。暖かで親しみやすい人柄がにじみ出ていて、話が分かりやすい。(P61)
クールとは、あくまでリラックスして自制心を失わない。非常時でも決してあわてず、落ち着いて適切な処置を下す。いつでも冷静沈着。(P63)
ルールを実践するあなたは、正直で、勤勉で、仕事熱心で、頭の回転が速く、自分で自分を鼓舞することができる。(P134)
人格的な強さ、意志の力、固い決意、誠実さ、勇気、経験、豊かな才能、仕事への献身、やる気、図太い神経、そしてカリスマ性(P172)

いやー、これだけそろってたら魅力的だよね。
でもこれだけ、理想像を角度を変えながら具体的な言葉として表現できたら、頭の片隅に起きながら行動できるし、今の自分は十分に魅力的かを考えることができるので、ことある毎に読み直したい理想像だと思う。

若干本書を読む前とイメージが違ったが、変わった角度の視点が手には入ったと思う。僕は口で身を滅ぼしそうだから、結構、重要かもしれない・・・?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:30 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

辛坊訓を読んで

辛坊訓

著者:辛坊治郎




たかじんのそこまで言って委員会の司会をされている方の本です。そういえば、最近、そこまで言って委員会見ないことが多いな、まずい状況だ。

この本は、副題の「日々のニュースは教訓の宝庫」というように、最近のニュースを辛坊さん流の語り口で分かりやすく伝え、そこから教訓らしきものを導き出しています。
※雑誌「FLASH」の内容と一部書き下ろしで構成されているようです。

非常に、ざっくばらんな語り口で、居酒屋で辛坊さんと話しているような感じですね。

7PART仕立てで、
@竹島奪還、尖閣問題解決の妙案
A橋下徹は救世主か、破壊の王か?
B生活保護費が防衛費を抜く日
C政治がアホだと国が沈む
D国家破産の足音が聞こえる
Eこの国の病根をえぐる!
F海外の”暴風雨”がニッポンを襲う

といった内容です。

領土問題や経済の話が分かりやすく解説されています。

PART毎にいろんなトピックスがあり、非常に話題は多岐に渡るため、まとめて一言みたいなことは難しいので、とりあえず教訓として心に留めておきたいことや、共感したこと、覚えておきたいことをまとめようと思います。

■教訓
・選挙に受かりたいからと政党を鞍替えする議員に対して、最初は優遇されるが、将来的には不遇になるという話で、次のような話をされています。
「よく覚えておいてください。男はいったん決断したら、基本的に変えちゃ駄目です。変えていい場合は、その判断を変えたときに起きる最悪なケースと、その判断を継続したときに起きる最悪の事態を比較して、前者のほうが圧倒的にマシだと思えるときだけ」
やっぱり、一時的に良くなっても、こいつは信用できないという思いを払拭するのは相当大変だそうです。

・政治家の口は災いのもとといった話で、次の教訓を言われています。
口から出す前に、脳内で1回言葉を回せ
その言葉を言った時にどのような結果を招くかを考えるのは重要で、心がけているつもりですが、たまに忘れて口が滑るので、もう一度思い返さないといけないですね。

・日本人って人前で話すのって苦手だよねって話で、次のようなことを言われています。
大切なのは目の前の人に思いを伝えるという強い意志を持つことです。」
本当に考えて、自分はこう考えるんだという思いを伝える時って、言葉が下手でも、何回言い直しても、伝わるよね!・・・と思う。やっぱり伝えたいことを素直にまとめて、伝えるのがいいような気がする。


■覚えておきたいこと
辛坊さんが、選挙に立候補したら、「ああ、ついに辛抱は命を投げ出しても世のため人のために尽くす覚悟を固めたんだな」と思って下さって結構です。

「日本政府は破綻しない」と言っている人は、過去に「日本の原発はソ連とは違う」「日本の年金は破綻しない」と言っていた人たちと見事にオーバーラップします。おそらくこれは心理学の研究材料になると思います。
確かに、その心理深く知りたいと思います。

・クローン技術とiPS細胞の違い
クローン技術は、遺伝情報の詰まった核を取り出して、その核をほかの受精卵に入れて成長させる技術のため、生まれてくるかもしれなかった受精卵の核を入れ替えるため倫理問題が発生します。これを発展させたのがES細胞
iPS細胞は、たとえば皮膚の細胞そのものを、どんなものにも変化する細胞に「初期化」する技術。クローン細胞のようにほかの”命”を犠牲にするようなことがないため、倫理問題がない。
たとえば、網膜なんかを自分の皮膚の細胞なんかから作れちゃう。横浜市大では、iPS細胞を応用し、肝臓を作ることに成功したらしい。
医学の進歩ってすごい。ガンなんかも怖くなくなりそうですね。

■共感したとこ
・喫煙者排除などところで、少数意見を排除する傾向に鑑み、「あんまり世の中が建前ばかりで、常識的に存在していた程度を失ってるような気がするんです。」
・生レバーの問題で、将来、生レバー由来の食中毒が起きたときに、構成労働省の役人たちが責任を問われるのが嫌だから、とりあえず絶対安心な「全面禁止」にしてしまったという事象から、世論とマスコミの責任に言及し、「自己責任の部分を棚に上げて、行政をたたくのは考え直した方がいいんじゃないでしょうか」と言われています。
なんだか、この責任を追及する風土が、「常識的に存在していた程良い感覚」といったものを排除して、みんなが生き辛い世の中にしているような気がします。
最近よく思うことなので・・・。

本の内容はあまり伝わらなかったと思いますが、かなり分かりやすく説明されていますので、領土問題のところなんかも非常にためになりました。特に北方領土に関してはほとんど知識を持ってなかったので読んでよかったです。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 13:50 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

僕の死に方を読んで

僕の死に方

著者:金子哲雄




昨年お亡くなりになられた流通ジャーナリストの金子さんの本です。死ぬ間際にご自分で執筆された本です。

金子さんは、明石家さんまのホンマでっかTVでよくお見かけした人です。もともと発言の内容は、ちょっと胡散臭いなと思いながら見てましたが、そのコメントに嫌みはなく、「役に立つのかどうか分からないがおもしろい」というコメンテーターで好感を持ってました。

僕が金子さんを大好きになったのは、たかじんのそこまで言って委員会に出られた時でした。
いつものちょっと怪しげなコメントから始まるのですが、番組が進むにつれて、おちゃらけた内容からまじめなトークになり、生き方とか学び方とかの姿勢みたいなものが垣間見え、この人は本当にすごい人なんじゃないかと思うようになり、瞬間的に見る目が変わりました。

それからは、おちゃらけたコメントの奥に何かスゴいモノを持っている人と思いながら見てましたが、昨年の突然の訃報本当に驚きました。


この本を読んで分かったのですが、やっぱり一流の人でした。

人生を考えながら、真剣に向き合いながら生きていた人です。
過去形でしかかけないのが残念です。

この本は金子さんが流通ジャーナリストとなるまでの過程や流通ジャーナリストしてやってきたことをまと、そして病気になってから死ぬ直前までを描いた本です。

高校の頃に、数学の得意な友人に出会い、数学が好きで面白いと思っている彼には数学では勝てないと思い。自分も好きなもので勝負しないとと考えるようになる。

そして自分の好きな、「お買い得情報を伝える人」になる、と目標を決められます

端折りましたが、お母さんの教育方針なんかもすごく勉強になりました。

本書には「商売の基本は相手を喜ばせることだ」や「その誰かが喜んでくれるなら・・・私はうれしい」、「誰かに喜んでもらいたい、それが自分の信念だったではないか」など、全体を通して「相手を喜ばせる」という言葉が、随所に出てました。そこから考えると、金子さんの根底には「相手を喜ばせる」という目標を持たれていて、その手段が「お買い得情報」だったんだろうと思います。

独立してとんとん拍子に成功の階段を上がられるのですが、その裏には成功のための考えや努力というものが伺えました。

自分の記事の入った雑誌を付箋付きでプロデューサーの目に付くところにばらまいて置くなど、かなりの戦略家です。

P69に書いてありますが、この姿勢が大事なんだと思います。
チャンスはどこに転がっているかわからない。一つだけいえることは、自分はどんな仕事でもグッドパフォーマンスを心がけていた。どんなに小さな仕事でも、それは必ず誰かに向けられている。その誰かが喜んでくれるなら、それがたった一人でも、私はうれしい。そう考えて、ずっと仕事をしてきた。

それからは目を潤ませずに読むのが困難な話になってきました。

肺カルチノイド

金子さんの病名です。中でも、金子さんは特殊な組織型ということで数千万にに一人という発病率の病気だそうです。

この病気になってから、金子さんは新しく、医療について学ばれていきます。がんの専門書も20冊以上読んだそうです。

何しろ、症例も少なく助かる確率も低いということで、治癒率を気にかける大学病院からはことごとく治療を断られ、自分で勉強するしかないという思いもあったのだと思います。

ガンに少しでも効果のあること、睡眠方法、食事療法などいろいろと試されます。

そのかいあってか、友人の紹介もあり、血管内治療やIMRT、医療コーディネーターの方の治療などを受けることができ、好転していきました。

血管内治療・・・太股からカテーテルを入れ、肺の腫瘍につながっている血管に塞栓剤を注入し、栄養分を腫瘍に流さないようにすることで腫瘍を壊死させる治療法

IMRT・・・強度変調放射線治療の略称で、ガンの部位に対し、約1ミリ単位で放射線を照射し、遺伝子レベルからガンを破壊するという治療法。正常な部位に影響を与えずに治療できる

もっとも金子さんの心の支えになったのは、お医者さんの対応だそうです。

「堀先生は、明らかに私を人間として扱ってくれた」
「野崎先生と嵯峨崎さんの人柄にもまた癒された」

やっぱり不安を抱える患者にとって重要なのは、信頼できる医者の存在なのだろうと思いました。

しかし、一定の治療の効果はあるのですが、徐々に体はむしばまれていきます。

金子さんのすごいのは、ガンであることを告知せずに、通常通り仕事をし、死ぬ最後までそれを隠されていたことです。病気になってもベストパフォーマンスを心がけ仕事をこなされます。仕事があるからこそ人生に張り合いができ、元気さを維持し続けられたのかも知れないと思います。僕ならどちらを選ぶだろう、治療に専念するだろうか、仕事を続けるのだろうか、不安を打ち明けずに入れるだろうか?

そして死期が近づいていることを悟った金子さんは、人生最後の仕事として、自分の死に方をプロデュースされます。

自分が死ぬことで親族が揉めるようなことはあってはならないと思い、葬式代や遺言などを残すことに取りかかります。自分の葬式をプロデュースする中で、相手の喜ぶ顔を思い浮かべ、うれしくなったと言われています。本当にすごい。

最後まで相手を喜ばすことを考えながら死んでいった人です。
もうテレビの向こう側に現れないのかと思うと本当に残念です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 07:05 | 京都 | Comment(5) | TrackBack(0) | 成功本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。