スポンサードリンク

2013年03月28日

自意識過剰

最近読んだ本と読書会で出会った人の話から、いろいろと自分の過去を振り返った。

最近読んだ本というのは「すべてはモテるためである」っていう本。
僕の心の奥底にある触れられたくない部分踏み込んでくる本でした。



読書会で出会った人の話は「読書会で話に入っていくタイミングがわからない。」という悩みでした。

今はだいぶ、読書会でも自分の意見を言えるようになって、そのタイミングというのも少しずつ分かってきたのだが、昔はそれがすっごく難しくて本当に悩んでいた。

僕は、生まれついてコンプレックスを強く持っていて、そのことがあり、人と話すのが苦手で、人にどう思われるかばっかりを考えていた。人にどう思われるかだけを考えて生きてきたと言っても過言ではない。小、中、高と・・・、僕はずっと下を向いて歩いていたと思う。

一対一で話すときは、なんとか会話できるのだが、グループで話するときなんかは、何も話さずというのが普通だった。だから、皆で雑談している時は手持ちぶさたで、またその話ができない自分も嫌だった。まだ皆でトランプゲームしている時など、何かやることが決まっている時は落ち着けた。

一人でマンガや小説読んでるのが好きだった。たまに自己嫌悪に陥ることもあったが・・・。

大学になって、コンプレックス自体から抜け出しつつあったのだが、その染み着いた性格というものは、なかなか・・・、消えてなくなるものではなく、人がどう思うかばかり考えてて、やっぱりグループで話すのって、うまくなれなくて、仲のいい友達だけとならグループで話ができるようになったという程度だ。

社会人になってからも自信はなかったのだが、寮の友達に救われたのか、居心地がよく、皆でジムに通って楽しみながらダイエットできて、美容室で髪を切るようになり、冴えない眼鏡をコンタクトにし、外見を変えてちょっとずつポジティブになった。意外と単純な自分にびっくりもしたが、こういうことも重要なんだと思った記憶がある。

少し立って、会社の労働組合からお声がかかった、役員になってくれと。当時僕は、会社ではなんの取り柄もなく、物静かなやつだったと思う。何を思ったか当時の委員長がやって欲しいという。まじめ風だったところが良かったのか?今でも謎だ。まあでも労働組合なんて、やったら時間とられて、やっても収入が増えるわけではないという一見するとなんもいいことないように思えるので、実際のところはやってくれる人がいなくて、僕にお声がかかったようにも思う。

でも自分的には人生の転機と言えるほどの出来事であった。労働組合って、賃金上げろ!って激しく戦って対立している組織ではない。そんな時代でもない。基本的な仕事って人に尽くすことだけなんだ。

基本的には無給で、組織を活性化するにはどうしたらいいんだ?とか、会社から申し入れられる難題をどうやって皆と共有し、どうやってモチベーションを下げないようにできるかとかを長時間議論する。時には清掃活動やボランティア活動に参加したり、ティッシュ配りをしたり・・・、俺はこんなやつじゃなかったはずだ!と思いながらも、最初は半強制的にやらされるわけです。

でも、人に奉仕する活動をしてると、なんだか満足感というか充足感が得られて、お礼言われたりするとすごくモチベーションがあがる。人と関わることをずっと避けてきた僕としては、今までもったいないことをしてきたなと思ったり、これが人生の楽しい生き方なんじゃないかなって思えるようになってきた。

加えて、強制的に立場を与えられたので、意見を求められることが多くなった。発言回数も増える。でも、中身が空っぽだから、大したことは言えない。

そんな時に、皆本を読んでいて、そこからの引用とかでしゃべっていることに気づいた。会社のトップが朝会とかでしゃべるときも、哲学者はこう言っていたとか、そんな感じ。引用でも租借して自分の言葉としてしゃべっていると説得力があるしいい、これだと思った。

それから、小説やマンガくらいしか読んでなかった僕は、ビジネス書というジャンルを読むようになった。
読むとなかなか面白い。ビジネス書なんて読むに値しないって思っている人もいるかも知れないけど、少なくとも僕には役に立った。
いろんなジャンルの本を読んだが、最初は「思考法」の本が多かったと思う。中身が空っぽの僕は、何を読んでも「なるほどなあ」と感心させられることばかりだった。その分、偏見もなく吸収できていたような気もする。

それで読んだ本の内容を話すのも好きになった。「最近こんな本読んでこういうこと書いてあったよ」ということで会話が成立すること自体も良かった。会話で何を話していいのかよく分かってなかった僕は、本の引用という拠り所のある知識で話ができるのが、だいぶ会話の敷居を下げてくれていたと思う。また聞いてくれる友人や先輩にも恵まれてた。

そうこうしている内に、本にブログ書いた方がいいよと書いてあって、ブログ書くことにしたし、読書会なるものを見つけて参加することにした。
今更ながら思うが、小、中、高の時からは考えられないくらい積極的だ・・・。

でも、読書会、最初は途方もなく緊張した。
労働組合で議論の訓練はして、多少話ができるのでは?と思っていたが、読書会は誰も知り合いがいないアウェーだ。会場に入る時の僕の心の中のエネルギー障壁はものすごく高かった。
自分で参加表明しておきながら、「だいたい読書会ってなんだよ。何を話すんだよ!」と心の中で自問していたと思う。こんなところに来る人って絶対、頭よくって、みんなすごいこと話してて、ついてけなくて、一回でやめてしまうかも知れないと思ってた。

一回目は本当に緊張したけど、なんとか少し発言もできて、なにより皆いい人だった。これならやっていけるかなと。
調子が良くしゃべれる回もあれば、あまりしゃべれない回もあった。いろいろだ。とにかく、いままで続けることができている。

最近はだいぶ参加回数も多い方で、ふてぶてしくしゃべってる。参加回数が多いという慣れからくるアドバンテージを利用して、皆に気軽に話しかけている。これはズルいのかな?

小、中、高と、グループで楽しく会話している人たち、ただの会話だけど、その輪の中になかなか入れなくて、だけど羨ましくて、自己嫌悪に陥ってたあの頃から、徐々にリハビリして、なんとか体裁が保てるようになった。

けど「すべモテ」読んでると昔の自分がフラッシュバックのように思い出されて、今の自分はいったい何者なのかと思う。
本当の自分は、臆病で、会話が苦手で、駄目なやつなのに、ポジティブで自信がある風を装って、しゃべってる。

これは少しは「すべモテ」で言うところの「キモチワルイ俺」から抜け出せつつあるってことだろうか? でも心の奥底では、本当は自信がない。

「すべモテ」では最初に、自分が欲するモテてる状態とはどんな状態かを考えさせるんだけど、僕のモテてる理想的な状態って、異性にモテたいとかじゃなくって、根源的にはシンプルにみんなと楽しく話ができる状態なんだと思う。いつも話の中心にいて、光り輝くクラスの人気者みたいな感じだ。

心の奥底にあるひっかかりはなかなか消えることはないのだが、だいぶ人生は楽しくなってきたことは確かだ。
もっと多くの人と関わって、リハビリしていかなきゃ。読書会にしろ、他のいろんなことにしろ、こんな楽しいリハビリはないよな、ありがたいことだ。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:14 | 京都 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

経済学入門ーミクロ編ーを読んで

経済学入門ーミクロ編ー

著者:ティモシー・テイラー




分かり易い事例を用いて、経済学の用語や枠組みを説明している本です。最初の方で、経済学・経済学者養護や、経済学者はすごい的な発言のところだけ論調が好きになれませんでしたが、ミクロ経済の内容が多少分かって良かったです。

好きになれなかった点は最後に書くとして、最初の方に経済学を考える上において頭においておいた方が良い問いが3つあるとしています。

@何を社会は生み出すべきか?
Aどうやってそれを生み出すのか?
B生み出されたものを誰が消費するのか?

この本を読んでなるほどと思ったのは
・弾力性
・負の外部性と正の外部性
の2つです。

需要の弾力性は、(需要量の変化率)÷(価格の変化率)で表されます。価格を変えたときに需要がどのくらい変わるのか?という指標です。簡単な例でいうとたばこは常習性が強いので価格を大きく変えても需要量はそんなに減らない。だからたばこは弾力性が小さいとなる逆にオレンジジュースとかは価格が上がると別の例えばアップルジュースで代用できるので需要量は大きく減ります。従って弾力性が大きい。こういうのを調査するために使えます。
変化率を使えば、世界中のあらゆる商品が比較できるので便利だそうです。併せて絶対値も見逃さないようにしなければならないですが、この考え方は知れてよかった。

もう一つは負の外部性と正の外部性です。外部性とは、ある経済行為によって、直接の売り手と買い手以外の誰かが影響を受けることです。外部性には正と負があり、簡単なたとえでは「環境破壊」と「事業化できなかった発明」です。「環境破壊」は破壊や汚染を考慮しなければコストをやすくできますが、地域住民が影響を受けます。「事業家できなかった発明」は、事業の収益には反映されませんが、他の誰かが恩恵を受けることになります。この考え方も面白い考え方で知れて良かった。

後は、「機会費用」、「割引現在価値」、「国際的なカルテルは誰が裁くのか?」「魚を与えるか、釣りを教えるか?」など面白いところがありました。

<論調が好きになれなかった点>

・経済学は特定の答えを提示するものではなく、答えを導き出すための思考の枠組みを与えてくれるものなのです。
・経済学は未来を予測する技術ではありません。それなのに世間の人たちは、経済学者が景気の後退や回復を予言すべきだと考えています。(P.24)
・経済学は特定の政党を後押しするようなものではありません。経済学とは、そうした問題を考えるための思考の枠組みを提供するものなのです。(P.25)

なんで、「思考の枠組みを提供」と「政策を提示」の間に一線を画することを明示しなくちゃいけなかったのかな?経済学の目的はなんなんだろう。

・経済学者はもっと広い視野でものごとを考えます。
・経済学者はあらゆる策のコストを検討し、トレードオフを考慮に入れます。ところが、政治家は人々の目からコストを隠そうとします。(P.71)

すっごく主観的な感じがしてこの論調が好きになれませんでした。
全体的に、ためになったからいいか・・・。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 05:56 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

『沈黙』を読んで

『沈黙』
著者:遠藤周作




最近、小説しか読んでないな・・・、そろそろ次の読書会の課題本の『影響力の武器』読まないとまずいね!

キリスト教の話とは聞いてたので、題名から隠れキリシタンとして沈黙するというのが題材なのかなと思ってましたが、少し違ってて、沈黙しているのはキリストでした。祈れども、祈れども神は何も応えてはくれない、本当に神はいるのだろうか?というのが主人公の司祭の葛藤の中にいつもあったような気がします。

主人公はキリスト教禁制の日本へ、布教活動に向かう司祭で、物語はかつて司祭たちの師であったフェレイラが、キリスト教を捨てたという報告から始まります。そして司祭たちは、何故あのフェレイラが・・・、この報告は本当なのか?という疑問から、フェレイラと会って確かめるようとするのです。

ポルトガルからマカオを通って、日本に入るのですが、日本に着いてからは、ずっと隠れて過ごし、ほとんど日の目を見ることなく、暗い生活が続いていきます。

隠れキリシタンと会い、布教活動に明かりがさすのかと思われる場面もありましたが、それもつかの間、役人たちがやってきて、人質を取られ、ある村は焼かれ、隠れキリシタンの村人も司祭たちを匿うのが難しくなっていきます。

マカオから付き添ってきた気の弱い日本人の裏切りで、司祭はとうとう捕まるのですが、貧しいながらも食事は与えられ、厳しい拷問にはかけられません。そのかわり、司祭の周りの日本人が拷問にかけられます。おまえが棄教しないから、キリシタンの日本人が苦しむのだと迫ります。

神に祈っても、キリシタンの日本人は助かりません。神は何も応えてはくれません。最後には主人公の司祭も日本人を助けるために、拷問にかけられるのを逃れるために、棄教します。踏み絵を踏むのです・・・。感情移入してただけに悲しいものがあります。

ハッピーエンドでもないし、途中ハッピーな部分もほとんどないのですが、意外と苦もなく一気に読み終えました。

かつて歴史でならった踏み絵ですが、当時は踏み絵を踏むか否かでキリシタンかどうかを判別してたんだな。踏んでしまえば分からないよななどと簡単に考えてましたが、本を通して、キリシタンの側から主観的に観ると自分の信じてきたものを棄てるという心の葛藤にはものすごいものがありました。
踏み絵を踏むというただ単純な行為が、すごく大きな意味を持っています。

宗教というものがあまり分かってないので、歴史で習ってた当時は、踏み絵を踏むという行為だけで、神を信じている状態が信じていない状態になるというのが納得できませんでした。しかし、登場人物たちが踏み絵を踏む状況を見ていくと、信じるということ自体が抽象的であるが故に、「踏み絵を踏むと言うことは棄教するということである。さあ踏め」といわれると、他に信仰を証明する具体的なものがないために、踏めないのだということかなと考えるようになってきました。

「踏んでもなお信じているのです」という主張ができないという、信仰とは非常にやっかいなものだなとも思えてきました。

神を信じているということを自分が知っている状態だけではだめなのか?
神を信じているということを他者が知っている状態がなければならないのか?
信仰とは自分が信じているという状態を自分が知っていさえすればよさそうな気もするが、踏み絵を踏むという行為は、自分が信じていないという状態を本当に作り出すものなのだろうか?
拷問にかけられて死ぬことよりも信じるということは大切なのだろうか?
そもそも、なんのために神を信じるようになったのか?それは死ぬためか?そんな宗教は棄ててもいいんじゃないか?

いろんな疑問も浮かびました。答えは分かりませんが、宗教を考えるいい時間になったような気がします。

遠藤周作の作品他のも読みたくなりました。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 22:55 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

第1種衛生管理者

第1種衛生管理者

こないだ第1種衛生管理者を受験しました。
一番強く言いたいのは、試験会場遠い、近畿安全衛生技術センターは加古川にあり、乗り継ぎも悪いし、大変

最寄り駅の周りは何もなく、ご飯食べるところもほとんどない。
平地で風も強い。帰りは、暴風雨で全身びしょぬれに・・・。

もうここには試験受けにこないぞ!とちょっとだけ思いました・・・。
とりあえず合格してたので良かったです。

危険物取扱者の合格通知が来るとすぐ、勢いで願書送っちゃったんですが、いろいろと忙しく、十分に勉強せずに受けてしまいました。

ただし、試験自体は素直で、過去問を繰り返し解いておけば確実に合格できるものだろうと思います

少しだけ、資格の説明しとくと、衛生管理者は第1種と第2種に分かれています。ただステップアップしていくものではありません。50人以上の事業所には必ず一人はいないといけないという資格なのですが、業種の形態によって、第1種か第2種かが決まります。
製造業とかは第1種で、銀行とかは第2種です。その違いはざっくりいうと有害業務があるかないかです。

・関係法令(第1種:有害業務)
・関係法令(第1種・第2種:共通)
・労働衛生(第1種:有害業務)
・労働衛生(第1種・第2種:共通)
・労働生理(第1種・第2種:共通)


従って、第1種は有害業務に関わる部分があるので試験範囲が広いです。第1種は5科目、第2種は3科目です。
しかも、有害業務のところは、有害物質の名前やそれによってもたらされる健康障害など覚えなければならなく、結構面倒です。

たとえば、
・ベンゼンによる健康障害では、再生不良貧血や白血病がある。
・酢酸メチルは、視神経障害を起こすことがある。
・ノルマルヘキサンによる健康障害は、頭痛、めまいや多発性神経炎などがみられる。
・キシレン暴露の生物学的モニタリングの指標としての尿中代謝物は、メチル馬尿酸である。


などなどです。

まあこういうのも、何回も問題解いてるとだんだん慣れてくるのものです。

この辺は最もややこしいところで、労働基準法や労働安全衛生法の基本的な問題は、結構頭に入りやすく、そんなに合格点取るまでには時間かからないと思います。

労働生理も最初は難しいかと思いましたが、過去問解きながら学習すると最終的には得意科目になるでしょう。

僕の勉強履歴
@第一種・第二種衛生管理者に合格する本:3回通読
 超薄い本です。読みやすい。
A7日間完成 衛生管理者試験合格塾:1回通読
 ちょっと不厚め、ポイントが頭に残るような構成になってます。
B詳解 第1種衛生管理者過去6回問題集:各1回ずつ解いた
 ※最初の3回分は「問題見る→答えすぐに見る」という感じで解いて
  最後の3回分は試験を受ける感じで解きました。
C厳選衛生管理者試験問題集1100(iphoneアプリ):隙間時間に何回も




合格証には合格としか記載がなくそれぞれの科目がどれだけ正解したかは分かりませんが、これだけは合っているなというのだけで合格ラインの60%は越えてました。

一番効果的だったのは、iphoneアプリ、電車で立って移動の時などの時間を有効に活用できました。2択ですぐに解答も確認でき、「間違ったところだけ」や「付箋をつけた問題だけ」、「重要度の高い方から」などいろいろと選ぶことができ効率的に学習できました。

客観的にみて、危険物取扱者よりも簡単だと思います。
きっちり過去問やって分からないところを参考書で見直してというのを繰り返せば、合格します。
時間がない人、短時間で合格したい人は、iphonアプリ勉強法はすごくおすすめです。

この資格の一番のネックは、1年の実務経験というところだと思います。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 06:06 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

『舟を編む』を読んで

舟を編む

著者:三浦しをん




またまた小説です。
辞書づくりに情熱を燃やす人々を題材にした本です。いままでまったく気にしていなかった辞書づくりのことを知ることができました。そして辞書に対する情熱を観て、自分も仕事がんばらなきゃなと思い返してます。

中学生、高校生の頃は英語辞書はよく調べてたけど、国語辞書を開く頻度はすごく低かったような気がする。
中学、高校とまじめな本ではないが、よく本は読んでいたので正確な意味までは知らないが、ある程度意味は分かったので必要性を感じてなかったような気がする。この曖昧さは本当は駄目だったなと現在は反省するところです。

国語辞書を引くようになったのは、電子辞書でもなく、インターネットでもなく、スマホが出てきてからだと思う。いつも携帯していて、簡単に引くことができるという気軽さが辞書を引く回数を増やしていると思う。

ただ、ネットで出てくるのは国語辞書もあるが、たいていはウィキペディアである。この本を読む上では、ウィキペディアの作られ方との違いも興味を抱いた点でした。

さて、本の中身ですが、最初に言葉を正確に表現するということを表現したやりとりがあった。このあたりで、僕は特許書く時に感じた煩わしさを思い出した

特許は、自分の出願しようとする発明がいかなるものであるかを誰が観ても分かるように表現しなければならない。ただし、会社で実験やってると専門的であることでも、毎日触れているので慣れがあり、簡略な説明で文章を書いてしまい、特許庁の人がみたら理解できないといったものになることがある。そこを特許チームの人や上司に指摘されながら修正するだが、当時は、なんと回りくどい言い方をするものだと感じたものでした。今思うと回りくどいではなく、きめ細やかに表現しているということが分かったのですが・・・。

本書の辞書づくりの中では、「島」という言葉一つでもいろんな表現方法があり、多様な人が理解できる表現はどういうものかと考えている姿は、なんか特許作成に似てるなと思いました。まあ、僕の場合は、溢れんばかりの情熱からではなく、特許チームの人にお尻をたたかれながら修正していたのですが・・・。

特許書くのも結構大変だけど、本の中の辞書づくりは相当大変。辞書ってもっと多くの人が参加しているものだと思っていたが、編集者は2〜3人なのである。専門性の高い部分は、大学教授など専門家にお願いするのだが、2〜3人とは驚きだった。最後の方の確認はバイトを雇って大勢で、お祭りでもやっているかのように取り組むのですが、最初の方は2〜3人で、10年以上かかるのもうなずけるなと思いました。

ただ、その長い10年間は流石に本として表現できなかったみたいで、辞書作りに取りかかる部分と、辞書作りの佳境にさしかかった部分から完成までが描かれてました。さすがに、辞書作りの地道な作業を綴ると、退屈なのかもしれませんね。

辞書作りの人々の言葉にかける思いもさることながら、辞書自体の装丁にもこだわりを持っているところも興味深かったです。そりゃあ、10年以上もかけて出版する本だから、いろんな所に力が入るんでしょう。
辞書に対する見方が変わりました。
辞書の装丁ではどんなことにこだわっているかというと、紙の薄さ、質感です。辞書はページ数が多いので、紙は薄くなければいけないし、裏写りはしないようにしなければなりません。また、辞書は参照するものなので、自分の求めるページにさっと飛べるように、めくりやすくなくてはなりません。その変にこだわった設計がなされます。

『舟を編む』読んだ後、さっそく、本屋に行ってめくり易さとか紙の薄さを確認してました・・・。そんなに、はっきりとそれぞれの辞書の質感の違いが分かったはけではないけど、なんとなく、岩波いいね!と思いました。

しかし、ほんとに私の知らない世界というのはたくさんあるのだなと歩もいます。出版社といっても、辞書作りは異色で、その1冊にかける情熱、続ける力もすごいと感じました。
新技術の開発も数年や十年かかるものもあります。最近は移り変わりの激しい時代が許してはくれないかもしれませんが、長期に渡っても情熱を捧げて開発したいと改めて感じました。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:07 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

『永遠の0』を読んで

永遠の0

著者:百田尚樹




零線の話です。
昨年から読もう、読もうと思ってたのですが、試験続きで小説まで手が回らずでした。サイン本と書いてあり、とりあえず購入はしてて、試験終わってやっと読み出した次第です。

でも、面白くって、すぐに読んでしまいました。何度も目に涙を浮かべながら、時には溢れる涙を擦りながら読んでました。

僕は、だいたい、通勤電車の往復で本を読むので、泣ける小説はちょっと困ります。しかも最近、再認識したのですが、涙腺が緩いみたいです。

恐らく、電車の中で涙流しながら本読んでたら「感情豊かな人なのね」と好感をもたれることはなく、「電車の中で・・・、変な人」と思われるのが落ちなので、必死で涙を隠しながら読むわけです。あまりにも涙の量が多くなると、流石に本を閉じ、小休憩します。心を落ち着かせまた読み始めるといった感じです。

まあ、何が言いたいかというと、それくらい感動して面白かったよと言いたいのです。

小説の感想を書くときは、ビジネス本と違い、要点をまとめてもまったっく面白くないし、あらすじ書くのもなんか違うなと思うので難しいのですが、昨年の8月に大東亜戦争関連の本を何冊か読んだので関連づけながら少しだけ感想めいたものを書きたいと思います。

8月に読んだ本は、『失敗の本質』です。

失敗の本質では、大東亜戦争を遠目から見て、何が失敗だったのかを考え、教訓として生かそうというものでした。
この本では戦略とか戦術に焦点が当たっています。だから一人一人の人物像を長々と描くことはなかったです。

僕は『失敗の本質』にはあまり面白さを覚えず、失敗の本質の課題提起にもあまり納得できず、どちらかというと、どうして日本が戦争に突入していったのか?とかの方に興味があったので、そっちの方を調べたと記憶しています。つまり『失敗の本質』の読書はあまり有用ではなかったのです。

対してこの小説では、零線の搭乗員の一人一人の人間性に迫っていきます。

前線で戦った飛行機乗りがどういう心境で戦いに行って、どいう思いで特攻を受け入れて散っていったのかが描かれています。

客観的に教訓を導き出す『失敗の本質』よりも、この零線搭乗員の人物像を描く小説を読む方が、よっぽど溜になったと思います。

本の中で描かれる「特攻要員」と「特攻隊員」の違い以上の差はありますが、感情移入して苦しみや悲しみに共感することができたのは良かったと思います。
※特攻要員:特攻に志願し、命が下れば特攻する待機状態の人
※特攻隊員:特攻の命令があり、出撃する人
命令が下る前と、下って明日死ななければならない人の心境の隔たりは想像するだけでも大きいものがあります。
小説を読んでいるだけの僕には特攻要員の感情すら正確には理解できてないでしょうが・・・。

まったく、小説の内容に触れてませんが、著者の百田さんはすごいです。
話の構成、最高でした。
主人公の宮部さんのことがだんだん好きになり、最後の方は、宮部さんの風貌の変わり方の描写だけでも胸が痛みました。

だいぶ有名になった本なので、言うまでもないですが、これはたくさんの人に読んで欲しい本です。

関連
映像記録史 太平洋戦争を見て
『失敗の本質』から少し離れて
何故日本軍は大東亜戦争に参戦したのか?

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:22 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。