スポンサードリンク

2013年04月09日

ビラ配りについて

通勤途上の駅でビラを配る集団がいた。交通安全に関するビラ配りである。その中でビラを配っている一人のおばさんが、「ここの人等は全員無視や!」と不満を漏らしていた。

そんな大きな声でよく言うなと思うと同時に、その瞬間からこの人たちが嫌な集団に変わった

なんだか、運転する車に故意にぶつかって示談金を要求するような当たり屋に遭遇した気分だ。

何で普通に通勤しているだけなのに、不快な気分にさせられるのだろう。僕の心は会社に着くまで、その事象に捕らわれてしまい、なんだか時間がもったいない気分にもなった。

確かに、僕も労働組合関係で、ボランティア的な、あるいは政治的なビラ配りを何度もしたことがあり、誰も関心を持ってくれないことを知っている。「よろしくお願いします。」と元気良く配っても、ほとんどの人が目も合わせてくれず、だんだん心が折れそうになるのも知っている。
だからこそ、ビラはなるべく取ってあげようと思っていたのだが、その言葉で取る気がなくなってしまった。

そういう不満がよぎったとしてもそれを口に出してはだめだよ。しかも、あんな大きな声で・・・。

いつものようにただ普通に通勤している人たちを不快にさせるようでは、交通安全を守るという大義があっても、それは慈善活動ではなく、迷惑行為だよ。

僕はビラ配りやティッシュ配りは、みんなに無視されても、心が折れそうになるのに耐え、最後まで笑顔で配り続けることができるのかという一種の修行くらいに捉えてやってた。

それくらいの気持ちで心にゆとりを持って、ビラを配った方が得るものがあると思う。

っと、これは昨日の話なのだが、一日経って、今朝は別の人たちがティッシュ配りをしてた、テニススクール勧誘のティッシュだから、交通安全啓蒙と違って、やる気が違うのか、あるいは昨日のことがあったからコントラスト効果が働いてたのか、すごくハキハキしてて、すがすがしいティッシュ配りに見えて、思わず笑顔で受け取ってしまった。

ちっちゃなことではあるが、昨日とは違って、明るい気持ちで仕事を開始できた。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:37 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
善意の押しつけって困りますよね
断って「親切してあげようと思ったのに!」なんて怒られたら・・・

>「ここの人等は全員無視や!」
他人に問題があるような言い方ですね。
でも、このおばさんはティッシュなどを受け取らなかった経験がなかったかもしれません。
貧乏根性と言いますか、心配りと言いますか。

それにしても通勤時ってどうしてあんなに殺伐としてるんでしょうね。
遠い国の子供たちの笑顔より、今日を生き抜くサラリーマンの笑顔を守ってほしい気持ちです。
Posted by ハマの三文芝居 at 2013年04月11日 21:33
ハマの三文芝居さん、こんばんは!

確かに、善意はばらまいても、決して押し付けにはならないように心がけたいです。

通勤時って、確かに殺伐としているな。僕は通勤電車に乗っているが、誰ともしゃべることない。他人同士が、気軽に語り合える風土があると楽しいかもしれないな。いやいや、実際そうなると疲れるかな?

Posted by 管理人です。 at 2013年04月11日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。