スポンサードリンク

2013年10月14日

『来るべき民主主義』を読んで

『来るべき民主主義』を読んで

著者:國分功一郎




忙しいけど読んじゃいました。
暇と退屈の倫理学』読んですっごく面白かったので、こちらも期待して読みました。まずは読みやすかったです。しかも深いのに分かりやすい。

最初は、小平市に道路ができる問題をとりあげてます。國分さんは道路建設反対側を応援する形で実際に活動されています

文章のテンポがよく、ぐんぐん読み進めれます。國分さんはツイッターでフォローしているので小平市関連のツイートをされているのは知っていました。しかし、自分には関係のないことと思ってスルーしていました。この本を読むと、その課題は全然自分と関係のないことではなくて、国全体の問題だということがわかり、スルーしてたのを後悔しました。
少しでも拡散のお役に立てれたら良かったのにと・・・。

自然豊かで気持ちいい小平市に50年前に計画された道路建設計画が再び立ち上がりました。住民たちは自然を守るために反対し、住民団体の頑張りでなんとか住民投票が行われるまでになりました。しかし、憎き小平市の小林市長は、なんと50%以上の投票率がないと不成立という要件をつけました。ちなみに小林市長の市長選挙の投票率は37%です。「お前の選挙が不成立だよ。」と陰口を叩かれるのは必死の要件です。何故そうまでして道路建設を推し進めなければならないのか?こっちの方も気になりましたが、話は進みます。
いろんなイベント開催などの末、投票日を迎えますが、集まった票数は35%で無効となりました。
50%以上の投票率がないと不成立という要件は、反対派は当然投票に行きません。当然37%のほとんどが賛成票だと思われます。著者は80%以上は賛成票であるだろうと控えめに見積ますがだれがどうみたって95%以上は賛成票でしょう・・・。不成立だから開票もしないんだって・・・。
市長を市長たらしめる票よりも、より多くの道路建設中止を願う票が集まったわけですが、道路建設は続行されることになるのです。まだ開始はされてないみたいですが、不思議な民主主義です。

こんな問題から、國分さんは民主主義とは何か?を考え始めます。

小平市の問題から民主主義を見直す際の課題は、主権者は民衆であるにもかかわらず、自分たちが住んでいる街に道路を作るという計画にすら、住民は口出しできないことである。
これを著者は、近代政治哲学の単純にして重大な欠陥と指摘する。
つまり、民主主義は、民衆が立法府に参画する代議士を投票で選ぶということで民衆主権を担保しているというが、この前提の「主権は立法権である」が不十分で、実際に政策の多くを作って決めているのは行政機関である。行政機関の実情は、執行するだけでなく、多くの物事を決めているのである。
つまり行政機関への関わりを増やさない限り、本当に民主的とは言えないのではないか?ということ。

この解決策として強化パーツという考え方を取り入れ、その強化パーツのいくつかを紹介している。

その前に、何故強化パーツなのか?ということで、現代フランスの哲学者ジル・ドゥルーズの哲学を引用している。ドゥルーズは、「法とは行為の制限」、「制度とは行為のモデル」とし、法という否定的・消極的なものによってではなく、制度という肯定的・積極的なものによって社会を定義したほうがよいと主張。ドゥルーズの結論は民主主義とは、多くの制度とごくわずかの法を持つ政体であるとしている。

そしてより多くの制度を作ろうというのが強化パーツの考え方である。

紹介される強化パーツ
・住民投票制度
・ファシリテータ付き、住民・行政共同参加ワークショップ
・パブリックコメント
いずれも今すでにあるものだが、小平市の住民投票のように、それが有効に活用されていない。むしろパブリックコメントなどは、ちゃんとパブリックコメントは頂いておりますというお墨付きに利用されているケースさえある。
これら制度を有効に活用し、住民の意見を取り入れる制度を多数作っていくことが、民主主義へ近づくことだと主張されます。

さて、民主主義へ近づくと少し周りくどい言い方をしましたが、これにも意味があり、この本の題名でもある『来るべき民主主義』ともつながります。
ジャック・デリダは、人間の多数性から、完全な民主主義の状態にはなれないといい。しかし、それでも民主主義に近づくように、民主主義を追い求めるべきだと主張されます。
そういう意味から、デリダは来るべき民主主義と意味深な言葉を使います。

今ある議会制民主主義という制度をぶっ壊すではなく、それを受け入れ、よりよくなる方向へ制度を拡充し、本来的な民主主義へ近づいていくことが大切なのでしょう。

その内、読書会でも取り上げられそうなので、みんなの感想も聞いてみたいな。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 16:26 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377495093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。