スポンサードリンク

2011年07月01日

人生がときめく片づけの魔法を読んで

人生がときめく片づけの魔法

著者:近藤麻理恵




リバウンドゼロの片づけの方法を書いた本です。
ここまで片づけに人生を捧げている人をみたことないです。
ほんとにすごいと思いました。

また、片付けという分野から見る視点というのが新鮮です。
片づけからみると世界はといった感じですね!

最初の方で、片づけをしたことで「過去に方をつけた」から
その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべき
で、何をやめるべきかが、はっきりと分かるようになる
とあった。


最初の内は、何を大げさなと思っていたが、本を読みすすめる
内に、片づけのパワーのすごさが分かってきました。

これは、単に部屋が片づくという単純なものではない。
自分と向き合う修行です。
途中で滝に打たれるのと片づけは
似ているという話があったが、本書を読み終わった時点では
なるほどと納得した。


片づけのやり方は丁寧に書いてあるが、かなり大雑把に説明
すると、

「要らないモノを捨てて、要るモノの低位置を決める」

これだけです。

そして日常の片づけは行わない。行うのは、毎日何かを
使ったら、低位置に戻すということ。それと新しく何かモノ
が増えたら、その都度低位置を決めることです。


良く工場などでは、5S活動、6S活動などという名前で、
整理、整頓・・が叫ばれています。

広辞苑では

せいり【整理】
(1)乱れた状態にあるものをととのえ、秩序正しくすること。
(2)不必要なものを取り除くこと

せいとん【整頓】
よく整った状態にすることきちんと片付けること。

ということで、不必要なものを捨てて、定置管理しましょう。
となります。

片づけを突き詰めるとこの形になっていくのでしょう。


しかし、この本のすごいところは、モノと向き合うという
ところ
です。
例えば洋服の片づけの場合は、すべての洋服を一旦出して広げ
ます。そして、一枚一枚手に取り、ときめくかときめかないか
を感じて、捨てるかとっておくかを決める
のです。

これは、自分の趣味趣向、考え方、直感などを感じる作業です。
一枚一枚の洋服を切り口として自分の内面と対峙するのです。

今まで自分が好んで買ったもの、人からもらったもの、長年
使って愛着があるもの、いろいろなものがあるでしょう。

それらを一枚一枚手に取り、感じることで自分がどういう人間
で、どういうものに心引かれるのかということが明確になる

です。

この片づけ方法で自分の人生で大切なものが見つかるような
気がします。
家と会社でこれはやってみようと思いました。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:28 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 整理術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

私のエクセル活用法

私のエクセル活用法

実験データをまとめるのにエクセルを活用しています。
ポイントは、1つの開発をエクセルファイル1つで管理
しています。

最初のシートを目次にして、後のシートは
シートNo.を1から順につけて行きます。

それぞれのシートが、「日程」、「情報」、「データ」
「まとめ」、etcのいずれかが分かるように目次には
分類しておきます。

下図のような感じです。
【エクセル活用】目次s.jpg

それとエクセルのサンプルもUPしておきます。
良かったらご利用ください。
【更新日:100509】〇〇〇〇〇の開発.xls





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 17:33 | 京都 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 整理術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

夢をかなえる手帳メモの技術を読んで

「夢をかなえる手帳・メモの技術」

作者:岡崎太郎




手帳の使用方法の本です。

手帳は、どのように使ってますでしょうか?
単にスケジュールを埋めるだけにしてませんか?

手帳に、次のようなことも書いていくと驚く効果が現れます。

@行動記録(実際行った行動を記入)
A情報メモ(話のネタ、企画のヒント)
Bタスクチェック(気になること、やっておくべきこと)
C心に想ったこと(その日強く想ったこと)
Dよかったできごと(幸せに感じたこと、小さなことでもメモ)
Eひらめいたアイデア(何気なく気づいたこと、なぜ?と想ったこと」
F連絡事項(上司、部下への連絡事項)

このメモを実践すると
★目標を発見する
★時間を捻出する
★アイデア力アップ
★自信を強化
などの効果が期待できます。

■どんな手帳を使うか?
コラムでは、『ロディア』や『モレスキン』、『フランクリン手帳』、『熊谷手帳』、『モチベーションシート』などを紹介されてました。
個人的には、先輩がロディア使ってるので、今度『モレスキン』を購入しようかと思っています。

■手帳の使い方について
手帳は肌身離さずもってメモしましょう。メモしたことを忘れないように確認しましょう。など基本的なことも事細かに説明してあります。それくらい常識だと思われる方も多数だと思われる内容が多いです。

私が、感銘を受けたのは、次の3点です。

●「よかったできごと」を記入する
「うれしかったこと」「友達を喜ばせたこと」「ツイていたこと」「自分の成長を感じた内容」「誰かにほめられたこと」「感謝したこと」「成功体験」「感動したこと」などを記入することです。
これは、モチベーションアップにつながると思います。


●アイデアのために、よいと思ったサービスなどをメモること
「電車の中つりの広告見出し」「受けてよかったサービス」「なぜ不満を感じたか」「おもしろい商品の名前」などをメモしておくと新しいアイデアが生まれやすくなると思います。仕事だけでなく、いろんな場面でアイデア豊かな人と思われることでしょう。

●ひらめいたアイデアには、その分野に誰が詳しいか?なども記入しておく。
そのアイデアの情報を活用する時に、誰が詳しいかがわかれば、その人に聞くことができ、効率的です。

内容が基本的なので、新入社員の方が読まれると良いのではないかと思いました。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:49 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

情報は1冊のノートにまとめなさいを読んで

「情報は1冊のノートにまとめなさい」

作者:奥野宣之




情報整理の本です。基本は、ノートを使って全ての情報を整理していきます。A6の100円ノートです。安いです。全ての情報を書き込むので、1冊のノートは半月〜1ヶ月で消費するとのこと。膨大な情報になります。

そのノートの情報を生きた情報として、いつでも活用できるようにしてくれるのが、テキストエディタです。

本書の方法は、A6ノートとテキストエディタの二本柱で情報を整理します。

テキストエディタでの情報の整理の仕方や、非常にためになりました。
明日からでも使いたいです。

また、著者がしきりに主張されているのが、
「書くことを億劫にするハードルを下げること」です。
いつでも、どこでもメモが取れるようにすることが大事だそうです。
これで、浮かんでは消えていく記憶を留めておくことができるし、逆に頭の片隅にずっと保存しておく必要がなくなり、いつもすっきりとした頭でビジネスに取り組めるというわけです。

検索がし易いように、テキストエディタの索引には、タグを絶対つけましょう。

060105 メモ・・・・・サークル新年会で京都、初詣と書初め
060105 店・・・・・静香(京都)居酒屋
060105 日記・・・・・新年会で佐藤さんに再会
060106 写真・・・・・サークルOB新年会

といった感じです。

あまり頻繁に行かない遠方の営業先の何気ない会話を書き留めておく。〇〇社長、趣味ゴルフ、子供二人などです。そうしておけば、次にその営業先に行く場合に、会社名等で検索すれば当時の記憶が蘇り、会話のネタにもなります。

テキストエディタの一覧 byウィキペディア


■感想
素晴らしい方法だと思いました。私もよくノートを持ち歩いています。しかし、本書でするめるA6で100円のノートとは違い、A5で比較的高級なノートです。高級感のあるカバーで中が入れ替えれるものです。

会社の全ての情報をこのノートに書き込んでいます。文房具にはこだわりがあり、おしゃれなものを選ぶ傾向にあります。

ここで、課題は、ノートは年に何冊も消費するのですが、その使い終わったノートは、ほとんど開かれないということです。せっかくの情報がずーーっとしまわれたままです。

毎日のタスクリスト、アイデア、会議議事録、実験データ、朝会のネタなどが書かれているのですが、これらが埋没しているのは、非常にもったいないことだと気づかされました。

スタイリッシュなノートをA6の100円ノートに変えるのには抵抗があるのですが、ノートに書かれた内容をテキストエディタで、索引を作る方法は使えると思います。

本書の最後にふれてますが、これまでのノートをこの方法を使って索引を作れば、活用できる資産になるとのことです。さっそくやってみようと思います。

・・ちなみに、今日コンビニでA6の100円ノートを探しに行ったら、2種類105円でちゃんと売られてました。とりあえず、買ってみました。ためしにやってみようと思います。




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 21:09 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。