スポンサードリンク

2013年04月30日

『文鳥・夢十夜』を読んで

『文鳥・夢十夜』

著者:夏目漱石




こないだの読書会の課題本でした。文学はあまり読まないので、頑張って読みました。というのも中々難解だったから、頑張らなければならなかったのです。

この新潮文庫の『文鳥・夢十夜』には、他に、『永日小品』、『思い出す事など』、『ケーベル先生』、『変な音』、『手紙』が入っています。

僕は最初に、『夢十夜』を読み、あまりの分からなさに理解するのを妥協し、その他、短いのから順々に読み進めました。
『夢十夜』『文鳥』『変な音』『ケーベル先生』『手紙』『永日小品』『思い出す事など』という順番です。


文鳥、変な音、ケーベル先生、手紙あたりはまあ、書いてあることは何がしか理解できるが面白みは感じずといった具合で、『永日小品』は、読み進めるのが最高に辛くて、電車の中で睡魔に幾度となく教われました。中々終わらん・・・。
果たして、『思い出す事など』に行き着くと面白くて一気に読んでしまいました。

読書会自体は終始『夢十夜』で終わったのですが、皆の読み方に驚きです。
いろんな読み方ができるものだということ、きれいな文章に浸るという楽しみかたもあるのだと感じた。

方や、全然面白くないと思う、私の方の部類に入る人も多く居て、それが対照的で面白かった。

僕の感想は

『夢十夜』は、よく分からない、文章の美しさを楽しむものなのだろうか?といったもので、

『文鳥』『変な音』『ケーベル先生』『手紙』は、「でっ」「だからっ」と突っ込みたくなるように、何かありそうで何もない。いや読める人には何かあったかもしれないが僕にはこれっぽちも見えないという消化不良感が残っただけでした。

次に読んだ『永日小品』に至っては、「わからん」「長い」「早く終わってくれ〜」という感じでだいぶ辛かったです。小品なだけに、ころころ話が変わって中々話の中に入っていけず、入れても意味不明、辛いよ〜、だれか助けて〜、課題本だから読み終えなくちゃ・・・、といった感じでした。

でも、最後に読んだ『思い出す事など』はすごく面白く、やっと理解できて、良い文章に出会えたなと思った。漱石が病に倒れてからの日々を綴った作品で、全般的に面白いのだが、最も良かったのは、漱石が吐血して30分間意識を失う場面、意識を失って息を吹き返した時の自分の感覚を、それを見ていた人の話から補完して、あるいはドストエフスキーが癲癇にかかった時の状況などと比較して綴っている場面が、分析的で客観的で良かった。人間が生きている、意識を持っている、世界を認識できているのは何故か?という興味を持っているところだからかも知れないが、不謹慎ながらワクワクして読んだ。

しかし、驚くべきことに、読書会で『夢十夜』を絶賛する人は、この『思い出す事など』が一番駄目だったらしい。「面白くない」、「胃が痛くなる」などの感想があった。漱石に感情移入しているからだろうか、だんだん弱くなる生命力が自分のことのように思えるからだろうか?

そのギャップから僕の興味は次の2点になった。
・こんなにも違う感覚というのはどうやってできたのだろうか?
・『夢十夜』を絶賛できるようになりたい。


確かに僕は文学あまり読んだことないので、『夢十夜』も読めないのだろうと思ってた。
でもこないだ友人に進められた太宰治の『人間失格』は大分共感できて面白かったし、理解もできたと思う。主人公の内面をずっと追いかけて読んでた所を、最後、スタンド・バーのマダムの「私たちの知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、・・・神様みたいないい子でした」の一言でガラッと客観的な視点を与える所なんかも良かった。人間の表面と内面のギャップを見せ付けられ、恐ろしいような、共感できるような、なんだか胸が苦しくなるような感覚を味わった。

恐らく、文学にも僕に理解ができるような理性系の文学と、なかなか分からない感覚系の文学があるのだと思う。

感覚系の文学はまさしく『夢十夜』で、僕からしてみれば一体何を言っているのだという類のものだが、感覚系の文学が読める人には、その文章が映像化され、耽美な美しさに酔いしれることができるのだろう。「考えるな、感じろ!」という世界だ!・・・と思う。

ただ、僕の理想とする人間像は「直感的に閃いて、理論的に展開できる人」だから、この感覚系の文学は前者の直感に深く関わっているような感じを受け、この『夢十夜』で感動できる能力が今は欲しくてしょうがない。
これまで直感的に閃く能力というのがまったくないと思ったことはなかったのだが、読書会での僕と対照的な人たちが感じる能力というのは凄まじく、理解ができなかった。でもそれが現実に何人も居た。不思議であり、かつ、その事実を受け入れなければならなかった。

読書会の二次会で思い出したのだが、僕は子供の頃から風景を見て、「綺麗とか、すごい」ということがほとんどなかった。だから友達と色んなものを見に行っても感動することはなかった。「すごいね」と共感する振りはできた。もしかしたら、この辺りの事情と関わっているのではないかと思った。

不思議なもので、こうやって共感する振りを続けると、本当に感動するものも表れるもので、三十三間堂の立ち並ぶ像に感動したことがある。何に感動したのかは旨く言い表わせないが、感動したこと自体が感動で、恐らく初めて「おおっ、俺感動している。」と思った記憶がある。この感覚を忘れないようにしようとたまに三十三間堂には行くようにしている。

なんとなくだけど、いろいろな風景をたくさん見ることで自分にも感動できるものがあることに気づくのではないかと思っている。
たぶん昔は、風景に興味がなかったから、見ているようで見ていなかったのではないかと思う。でも良く見ると、そこには感動する要素がたくさんあるのだと思う。
今更ながら思うが、三十三間堂は、そういう意味では分かりやすい。千体も精巧に作られた像がならんでるんだもん・・・。

風景と同じやり方で、感覚系の文学(この分類が正しいかどうか分からんが・・)に触れる機会を増やしてゆけば、その楽しみ方が分かってくるような気がする。

読書会の時、友人が、「これは、教えてもらって分かるものではないことだと思う。」と言ったのは、まったくその通りのように思える。

と、いろいろ考えていると、この二つの文章が書ける漱石は僕の理想像なのではないかと思えてきました。『夢十夜』と『思い出す事など』の二つを書けるのですから。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 16:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

『知性について』を読んで

『知性について』

著者:ショウペンハウエル




『読書について』に引き続き読みました。しかし、『読書について』よりもかなり理解するのが難しい。このギャップはなんだろう・・・。文章は分かりやすく書かなければならないと、『読書について』で言ってたのに・・・、分かりづらいじゃないか!!と愚痴を言いたくなるけど、がんばってなんとか読み終わった。180ページくらいしかないんだけど・・・、かなりの時間を要した。

5章に分かれてて、
@哲学とその方法について
A論理学と弁証法の余論
B知性について
C物自体と現象との対立についての23の考察
D汎神論について
となってます。

@は哲学の正しいやり方が書いてあります。
まず哲学者はすべてを普遍的に把握しようと努めなければなりません。
また哲学者は、心に加わるいかなる問いをも率直に問い直す勇気を持たなければなりません
さらに、自明の理と思われるすべてのことを、改めてはっきりと意識しそれを問題とつかみ直さなければなりません

これらを念頭に置いて、事物の客観的な把握から発して、首尾一貫して論を展開し世界を築いていきます
こうすることが重要だし、またこれによって自ら発見したことには大きな価値があります。例えそれが、さらに大きな視点で捉えると物事の一側面しか見ていなかったとしてもです。

Aでは証明の方法が書かれています。
まず、証明とは、すでに確定された確かな第一命題から、もう一つの同様に確かな命題をー第二の前提としてー援用しつつ、主張命題を論理的に導き出すことです。
この場合の第一命題とは、学問の根本真理のようなものです。

その後、討論方法を説明しています。
討論の道筋をいくとおりかに分けて説明しています。

最後の方では討論における卑怯な手段も紹介しています。
たとえば「拡張解釈」論敵の主張を限度以上に押し広げ、拡張したテーゼに反論する・・・。
他にも「方向転換」論破されそうになると、論点変更によって議論を別の対象にそらせ、敗北を防ごうとするものです。これはもっとも愛用されているようです。
こういうやり方をしないようにしましょう!というか、こういうやり方で討論を行っている人たちを非難している感じです。

Bの知性については、知性が何であって、その知性をどう使うべきかということが書いてあります。あんまり理解できてない気がしますが・・・。

知性は感受性というもので、物ではりません。根源的な物(物自体)に従属するものです。(本文中には意志に従属すると書いてあります。意志と物自体は同列に位置するもののような気がします。意志を本能と置き換えるとうまく理解できてそうな気もしました・・・?)この感受性としての知性を高める為には、新しい思想や思索にふれる必要があり、これらを理解し、あるいは紬だし、知性の認識の幅を広げ、世界を鮮明に捉えることが重要です。
そして、知性には根源的な物(物自体)を認識する能力はなく、表面しか捉えることができないので、認識可能な範囲で、世界を根底から理解するという態度が正しい態度だと主張します。

我ながら何言っているのか分からないですね・・・。

人間には感受性のような認識装置が備わっていますから、世界を認識することができます。しかし、それはその人の世界であって、他の人の認識する世界とは異なっていそうです。
従って、それぞれの認識を出し合って平均したものが、根源的なもの(物自体)に一番近かろうという気がします。
しかし、それは根源的な(物自体)ではない。誰もが自分の感受性を使って見ているのは根源的な物(物自体)の表面だけだからです。
だから物自体を完全に認識することはできないということだと思います。


ただ、その中でも、その感受性を極限まで高め、認識力を充実させることは重要で、その極限まで高まった認識力を持つ人を天才と言います。それは生まれつきなのかどうかは良く分かれません。


最後のC、Dは、特にDは本論とだいぶ関係ないような気がしたので割愛します。
Cで重要なのは、最後の「協同作業をすると哲学も他の学問も進歩するのではないか?」との問いかけです。たとえば優秀な哲学者100人が集まって、それぞれが認識するところの世界を言葉等を通じて共有し合えばより、真理(物自体)に近づくことができるのではないかということだと思います。それは物自体と同一Aはならないのですが、随分近づいていくのではないかと思えます。

薄い本だけど、二週間もずっと楽しめました!!

昔は、本をたくさん読むことにこだわってたところもあったけど、同じ本を繰り返し読んで、書き込みしたり、ノートにまとめて見返したりとするのも結構楽しいですね。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:29 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

ブログの更新頻度

ブログの更新頻度、だいぶ頻度が低くなってきた。ブログを始めて、一月に五回以上という更新目標を掲げたが、最近その底辺をいくようになった。というのも資格試験などに挑戦するということがあったからだ。しかもそのせいもあって自分でいうのも何だが、ブログの内容も雑になってきた。

この間、会社の後輩から次のような話を聞いた。
選択の問題である。あるスポーツ選手がスポーツをとるか医学を取るかで悩んだ末にスポーツを取り成功しているということである。
何かを行うために何かを捨てている。
その話から後輩も、スポーツをすて勉学に励もうとしている。

私も、もう少し能力があればいいのだが、他のことに集中するとブログの更新が億劫になる。しかし立てた目標を破るのが悔しいのでギリギリ5回を連打している。

だが、後輩の話を聞くと、そろそろ決断した方が良いなと感じた。

もちろんブログを書くという効能はすばらしいものがあった。読書ブログという性質上、本を読まなければならない。怠惰なために普段から本を読み続けてた人ではなかったが、本を読む習慣ができた。また、本になにが書いてあるのか、著者の主張したいことは何かと目的意識を持って読むことができた。それは人生に必要な何かを手に入れるというよりも、純粋に著者が何をいいたいのか?を追いかけていただけなのだが、振り返ってみると為になったと思う。また文章の書き方も学んだと思える。大概いい加減ではあるが、下手な文章も書き続けるとそれなりに上達するもので、会社の技術レポートなどは、過去のものと最近のものを見比べても格段にレベルアップしていた。

これらの効能はあるけれども、このブログを書いているせいで犠牲にしてきたものもある。

また他方で、読む本も少しずつ変化している。最初はライトなビジネス本を読んで紹介してきたが、最近は哲学や社会学や小説の方が面白いと感じるようになった。これは社会人として人生において役に立つのだが、ブログの表題に似つかわしくないなと思っている。

ここは一つブログ以外のやりたいことに重きを置いて、ブログの更新頻度は下げることにする。閉鎖ではない。書きたい時に書く場所というのは有ったほうが良い。

とりあえず、これからも仕事と趣味といっそう頑張ろう!



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています!!
クリックして頂けるとありがたいです!!

posted by air_water at 23:14 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。